照明デザイナー・照明コンサルタントの年収の違い

照明コンサルタント, 証明デザイナー

照明デザイナーとは?

Office 730681 1280

照明デザイナー・照明コンサルタントの平均年収の違いをみていきましょう。まずは照明デザイナーとはいったいどんな職業なのでしょうか。

照明器具や景観の照明デザインを行う

照明デザイナーとは大型施設やモデルルームなどに使われる照明器具をデザインする仕事とタワーや美術館、公園などの照明を、周囲の景観との調和を図りながら美しくデザインする仕事があります。

初任給17~20万円!経験者で年収300~700万円が相場

照明デザイナーの初任給は17~20万円です。年収300~700万円と幅広く、平均年収は400万円くらいでしょう。照明デザイナー以外にもインテリアコーディネーターを兼任した場合さらな稼ぎが見込めます。

照明コンサルタントとは?

照明デザイナーをみてきました。続いて照明コンサルタントの仕事や年収をみていきましょう。照明コンサルタントと照明デザイナーとの仕事の違いを押さえましょう。

用途や場所に応じた照明プランやアドバイスを行う

照明コンサルタントとは、その名の通り、照明によるコンサルティングを行います。サッカー会場の照明のプランや大型ショッピングモールの照明などのコンサルティングを行う場合があります。

初任給は23~25万円!年収350万円~450万円程度

照明コンサルタントの初任給は23~25万円が相場です。平均年収は350万円~450万円程度です。照明コンサルタントとして働く場合には、照明コンサルタントの資格が必要です。

照明コンサルタント・照明デザイナーのキャリアアップの仕方

照明デザイナーと照明コンサルタントの仕事や年収の違いをみてきました。年収をアップするためのキャリアアップする方法はどんな方法でしょうか。

The white house 81469 640

照明士の資格を取る

照明士とは照明に関する高度な専門知識を持つ照明のスペシャリストです。照明士の資格を取得するに照明学会の会員で照明コンサルタント資格取得後5年以上経過している必要があります。照明士の資格があれば、照明に関する仕事の幅が広がります。

年収は照明デザイナーより照明コンサルタントがやや高い

照明デザイナーと照明コンサルタントの仕事と年収をみてきました。キャリアアップには照明士の資格を取るのが一番です。またインテリアコーディネーターや住環境コーディネーターの資格があれば、さらにキャリアアップできます。しかし、大事なのは資格ではなく、その知識であると言う事は忘れないでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職