転勤手当の種類と注意点|知らないままで多額の負担をしないために知っておきたいこと

転勤

転勤手当はできるだけ申請しよう!

%e6%9b%b8%e9%a1%9e%e3%81%a8%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9

会社員とは切っても離せない宿命である「転勤」。全国に支店・営業所ある企業にはよくある話です。いざ自分に転勤辞令が下された場合、転勤の挨拶や荷物、住まいなど、やっておくべきことがたくさん出てきます。その中でも、転勤時に支給される「転勤手当」についてもしっかりと確認しておくようにしましょう。

転勤手当の申請で損をしないように

転勤手当はもらえるものはもらっておくべきでしょう。申請が遅れてしまうと損をしてしまいます。例えば「単身赴任手当」など、月額の支給額が決まっている転勤手当は、申請日が月の16日以降だと半額になってしまったり、減額されてしまうので注意が必要です。各転勤手当の申請は早めに行うようにしましょう。

転勤手当の申請で自己負担を減らしていこう

77196968f264bdbf

転勤手当にはいくつか種類があり、それぞれの申請方法を会社などで確認するようにしましょう。それぞれの条件に当てはまっていれば適用されるので、なるべく損をしないようするのがベストです。

例えば、家族を残して転勤をする場合には、会社の寮や契約アパートに入ることで、家賃を補助して貰えます。家具や家電など、生活必需品を揃えるのに必要な費用を補助してくれる会社もあります。この場合、生活用品は寮やアパートに備え付けという形が多くなることもあります。また、大企業になると公団住宅をいくつかの棟で貸し切り社宅として格安家賃で入居できるようにしているところもあるようです。

転勤手当:「引越手当」「赴任手当」

引っ越し業者に支払った分の費用を全額・一部負担してくれる転勤手当です。基本的に「会社で指定する業者」を利用した場合に全額支給が適用されます。また、転勤時に必要な家具・家電の購入を含めて支給してもらえる「赴任手当」もあるようです。その反面、会社によっては申請云々以前にそういった転勤手当がないところもあります。

転勤手当の:「着後手当」

引っ越ししたばかりの状態は、何かとお金がかかるものです。そのためにあるのが着後手当で、転勤してすぐに生活ができるようにするため、会社から補助的に負担してもらえる転勤手当です。例えば、転勤直後になんらかの理由でホテルに泊まらなくてはならなくなった場合の費用などを負担してくれるのです。

転勤手当:「再入園料」「入学負担金」

幼稚園の転園や、私立学校の転校の際に発生する入園料や入学金を負担してもらえる制度です。

転勤手当:「単身赴任手当」

単身赴任手当は、言葉通り単身赴任の場合に適用される転勤手当です。こちらはもともとの住居と転勤先、生活費が二重にかかることに対する補助となります。基本的に寮や借り上げマンションなどに住むようになります。しかし、一般的には単身赴任手当を支給されても生活費が足りないケースがほとんどです。

転勤手当:「帰宅交通費」

月に1~2回分の自宅と転勤先の往復交通費が支給される転勤手当です。自宅に家族がおり、単身赴任しているケースが適用されます。

家族に対する転勤手当

Fa7f2c950774ed0c

家族に対する転勤手当として一般的なのは、転勤時に移動する交通費やその他社規則により定められらた費用です。学校の入学金などは負担してくれるところは少なく、子供が付属の幼稚園や学校に通っている場合には、卒園・卒業をするまで単身赴任の形をとる人もいます。上記の「再入園料」や「入学負担金」ですね。

里帰りの費用も会社によっては負担してくれる

お盆や正月など、日本人にとって帰省するシーズンには、本人や家族の帰省費用を負担してくれる会社もあります。一般的に年に二回までというところが多く、時期はずらしても構いません。手当として支給されるというよりは、旅費交通費として精算をして、給与に振り込まれるところが多くなっています。家族全員分負担してくれるとあり、転勤族にとっては期待の大きい手当となります。

転勤手当を申請する際は事前に情報を整理しよう

転勤手当の申請に関しては、申請を忘れると損をしてしまうこともあるので要注意です。会社は申請しなければ必要ないものと見なすので、申請期限をしっかり確認しておきましょう。特に、今まで誰も申請したことのなかった転勤に関する手当というものがあるかも知れません。取りそびれがないように、本社の人事・総務と連絡を取ってから行動するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日転職