転勤・異動の挨拶として朝礼でスピーチをする際のポイント

スピーチ, 朝礼, 転勤

朝礼で緊張せずに転勤・異動の挨拶スピーチをするには?

Person 1210265 1280

転勤してきて初めて働く場所。しかも朝礼の大勢の前で挨拶のスピーチをする事になれば、よほど精神的に強くなければ緊張するのが当然でしょう。緊張する原因としては、自分に自信が無かったり相手に嫌われているのではないかという懸念が挙げられます。

転勤・異動したてであれば嫌われる方が難しいので、挨拶のスピーチは軽い気持ちで臨みましょう。そして、自信が無くても挨拶スピーチの時だけは見栄を張るのも大切です。

転勤・異動の挨拶は文章を考えない方が緊張しない

転勤に伴って行う、朝礼スピーチの内容を考え込んでしまうと、その通りに喋ろうとしてかえって緊張してしまいます。それを防ぐためにも、骨組み程度に考えておいてセリフまでは考えないようにしましょう。

伝えるべき事柄だけを押さえておけば、その場の朝礼の状況と雰囲気に合わせて言葉を選んで挨拶できます。

朝礼での転勤・異動の挨拶は流れ作業と考えよう

スピーチは聞き手からの拍手を受けたり司会から紹介を受けたりと、自分一人で喋り続けるわけではありません。そのため、スピーチは流れ作業と考えて喋れば、緊張せずに乗り切れます。

挨拶をしてお辞儀をして、拍手がなり終われば頭を上げるという風に、一つずつこなしていけば、いつの間にか朝礼でのスピーチは終わっているものです。

流れ作業の中でもゆっくり喋る点を意識するのが大事

スピーチは、緊張すると早口になってしまい、伝えたいことが伝わらない場合があります。

それを防ぐためには、常に頭の中でゆっくり喋ろうと思いながらスピーチに臨む事です。ゆっくり喋るように心がけることで、より良い印象が残るスピーチにできるでしょう。

朝礼の場では前を向いて表情は明るく!

余裕がある場合は、出来るだけ前を向いて明るい表情でスピーチを行うようにしましょう。

緊張してうつむいてしまうと、声がこもってしまって相手に伝わりにくくなります。相手の目を見てしまうと緊張してしまうのであれば「人と人の間の空間」を見ながら喋りましょう。

Businessman 481113 1280

少し上を向くことでより声が通る

スピーチのテクニックとして、少し上向きに喋るというものがあります。そうする事で、喉を締めずに喋れるので、声がより遠くまで通りますよ!

声のトーンでも第一印象が決まるので、出来るだけ明るい声を心がけましょう。気持ち一つで、スピーチの印象は大きく変わるので、良い方向に向くように調整してくださいね。

朝礼のスピーチで転勤・異動の挨拶をする際は明るい印象を残せるように明るい表情で!

スピーチに慣れているのであれば、転勤・異動の挨拶では言葉にアクセントを付けて喋りましょう。朝礼という大人数の前で喋るからこそ、言葉にアクセントを付けて喋る事でより伝わりやすくなります。

伝えたいことを大きく喋るように心がければ、慣れていなくてもそれなりに伝わります。無理をして高望みせずに、スピーチを楽しむぐらいの気持ちで臨みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス