転勤のない会社に就職するメリットとデメリット

転勤

転勤のない会社に勤めるにはどうすればいいの?

Businessman 481113 640

転勤のない会社に勤めるにはどうすればいいの?と思っている人も多いはず。そこについてみていきたいと思いますが、

大企業になるほど支店が多く、転勤になるケースも増えます。しかも、その辞令を辞退すると昇進に響く場合が多くなるので悩みもの。

しかし、転勤の可能性が全くない、という企業も世の中にはあります。「絶対に転勤したくない」という人は、どうやって転勤のない会社を探せばいいのでしょうか?

会社の経営母体が一ヵ所しかない企業が転勤のない会社

転勤のない会社を探すうえで一番重視すべき条件は、会社の経営母体が一ヵ所にしかない企業を探す、ということです。

そうすれば、転勤の可能性は限りなく低いといえます。

また、工場などは子会社扱いになるところが多く、支店がなければ転勤の可能性が低いといえるでしょうし、職種を総合職ではなく一般職にすれば転勤の必要性がグッと下がります。

転勤のない会社に勤めるメリット

転勤のない会社は、応募面接の段階で会社の雰囲気を把握できるので、自分がどんな会社に勤めることになるのかすぐに分かりますよね。

しかし、そういったメリットは誰にでも予想が立てられるものです。では、その他には転勤の会社に勤めると何かメリットがあるのでしょうか?

転勤のない会社では、その土地に腰を据えられるので将来の計画が立て易い

転勤のない会社に勤める一番のメリットは、その会社を退職しない限り引越しを考えずに済みます。

つまり、その土地に腰を据えて安心してマンションや一戸建て住宅の購入ができる他、プライベートの趣味を充実させられます。

将来的な計画が立て易く、結婚や家庭を持つのも実にスムーズにいくのです。また、毎日環境が変化しないことで、精神的にも安定して働けるようになります。

転勤のない会社に勤めるデメリット

では次に、転勤のない会社に勤めるうえでのデメリットも見ておきましょう。そもそも、転勤がないから楽に勤められる、と一概にはいえないのです。

人間関係もずっと同じ状態が続く上に、住宅を購入した場合などはその土地に居続けなければならないという意味でもあるのです。

Unhappy 389944 640

転勤のない会社は職務経験が増えるもののキャリアアップは見込めない

転勤のない会社で中小企業だった場合は、少人数で業務を行うことになります。

地場産業では一族で運営している企業が多く、人間関係が悪化すると非常に辛いものがあります。これは間違いなくデメリットといえるでしょう。

また、転勤だけではなく異動の可能性もないので、同じ職務を何年も続ける=キャリアアップの可能性も少なくなります。これは一番のデメリットかもしれませんね。

転勤のない会社に勤めるメリットは「将来設計が容易」デメリットは「キャリアアップが見込めない」

今回は、転勤のない会社に就職するメリットとデメリットについて見てきました。

転勤のない会社に勤めることは、あなたの将来設計を容易にしてくれるので、公私ともに充実した生活を送れるようになるでしょう。

物事はメリットだけではありません。その代わりに、キャリアプランが立てにくいというデメリットも存在するのです。

もし、将来的に別の目標があるのであれば、転勤があっても自分のためになるような仕事をするのが吉ですし、その土地に腰を据えたいのであれば転勤のない会社を選ぶのが得策と言えそうです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職