会社の健康診断を受ける際の適切な服装

2018年2月15日健康診断, 服装

会社の健康診断といえどもスーツの服装は不自然

Tunnel 628368 640

健康診断の概要について、記載されている資料を受け取っている場合、服装に関しても注意事項が記載されています。

ラフな私服で金属やプラスチックを避ける様に記載されていますが、それでもスーツで健康診断を受診する人も多いです。スーツは会社の健康診断といえども逆に不自然なので避けましょう。

どうしても気になるのであれば、控えめな私服にするといいでしょう。

会社の健康診断をスムーズに受けるために

私服ではなくスーツを着ている状態でも、ボタンダウンシャツさえ避ければ着たままレントゲン検査を受けられます。

しかし、心電図では基本的に全て脱ぐことになるので時間がかかります。また、血液検査の際に腕をまくり上げることになるので、ジャケットを脱いでシャツの袖のボタンを外したりと手間がかかります。健康診断での服装では、やはり脱ぎやすい私服がお勧めです。

健康診断の服装は金属とプラスチックは避けよう

会社の健康診断では、レントゲン検査が必ず行われます。レントゲンではx線が使用されますが、x線は金属やプラスチックに影響を受けます。

そのため、アクセサリーは全て外さなければなりません。襟にボタンが付いているボタンダウンシャツに関しても、脱がなければならないのでスーツで受ける場合には注意が必要です。

女性の服装で私服云々の前にブラジャーに注意!

女性が注意すべきは服装(私服)云々よりも下着です。ブラジャーのホックには金属やプラスチックが使用されていることが一般的です。

中には、ホックではなく腕を通してトップスの様にして着用するブラジャーも存在します。要するに、金属やプラスチックが使用されていなければ、私服を着用したままレントゲン検査を受けられるのです。

全ての項目をスムーズに受けるには私服がベスト

Belt 91318 640

健康診断の全ての項目をスムーズに受けるためには、必ずラフな服装(私服)で受けましょう。

Tシャツにパーカーやシャツ1枚など、ラフで脱ぐ必要がない私服を心がけることが大切です。シンプルな私服にはアクセサリーが付き物ですが、結局外すのに時間や手間がかかるので避けましょう。

私服はシンプルでラフな服装が◎

シンプルでラフな私服を心がけることによって、全ての項目をスムーズに受けられます。冬で寒いのであれば、伸縮性があるニットを着るなど、血液検査で腕をまくり上げやすい私服を選びましょう。

または、袖にボタンが付いているシャツや、緩めのシルエットのパーカーなど、タイトなトップスは避けましょう。また、ボトムは会社の人が来ていて鉢合わせる可能性があるので、緩いデニムは避けましょう。

会社の健康診断はスムーズに行うためにもラフな私服で行こう

評価を意識しすぎてタイトで窮屈な私服を着てきてしまうと、逆に常識が無いと思われる可能性があります。しかし、実際には私服に関しては評価の対象とはならないので、会社の健康診断をスムーズに受けることだけを考えて私服を選びましょう。動きやすくて血液検査やレントゲン検査を受けやすい私服を選ぶことが大切です。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月15日ビジネス

Posted by BiZPARK