年賀状の代わりに寒中見舞いで挨拶をする場合の送る時期は?

2016年11月25日寒中見舞い

寒中見舞いを送る時期を覚えておきましょう!

寒中見舞いを送る時期は、松の内(1月1日~1月7日)が明けてから。そして立春(2月4日)までに相手に届くように出しましょう。この時期が1年でもっとも寒さが厳しくなる、小寒と大寒にあたる「寒中」と呼ばれる時期なのです。早めに届けたいのであれば、届く日数を想定して1月6日には出しておくと良いでしょう。

送る時期の早すぎ、遅すぎには注意しよう

寒中見舞いを送る時期を把握したなら、事前にハガキや書くべき挨拶文を準備しておきましょう。ただし出すのが早すぎると年賀状の時期になってしまいますし、遅すぎると余寒見舞いになってしまいます。

余寒見舞いとは立春を過ぎてから送る挨拶状のこと。ただ、寒い地方だと立春を過ぎてからも寒中見舞いとするところがあります。

そもそも寒中見舞いの挨拶って何?

1年のうち、もっとも寒さが厳しくなる時期に相手の健康を気遣って出す挨拶状です。またお互いの近況を伝えあう役割も果たしています。寒中見舞いに使われるイラストは、椿の花や雪だるまなど。冬に因んだ絵柄を選ぶようにしましょう。

年賀状のやりとりを行った場合には寒中見舞いまでは送る人は少ないかもしれませんが、覚えておいて損は無いでしょう。

喪中に利用したり、遅くなった年賀状の代わりにも

喪中の場合は年賀状での挨拶を避けます。そのため、年賀状を頂いてしまった時に寒中見舞いを出して新年の挨拶とするのです。また喪中の相手への挨拶にも、寒中見舞いを利用します。

その他、年賀状を頂いたけれど、松の内(1月1日~1月7日)の間に返事を出せなかった場合にも寒中見舞いを出しましょう。くれぐれも寒中見舞いの時期に年賀状を送ることは避けてくださいね。

寒中見舞いに書く内容は何が適切か?

まずは寒中見舞いの挨拶を書きましょう。「寒中お見舞い申し上げます」と大きめに書くことで、一目で寒中見舞いだと分かってもらえます。

その後に時候の挨拶や、年賀状のお礼やお詫び、自分の近況を明記します。これらは略しても良いのですが、書くことでお礼や想いを伝えることができます。

挨拶と、相手の体調を気遣う一文を

寒中の時期ですから、厳しい寒さから体調を崩しがちです。相手を気遣う一言を最後に添えることで、より一層想いが伝わります。「どうぞご自愛ください」や「お体を大切にお過ごしください」と書き、最後に日付を明記して締めましょう。できるなら印刷された一言よりも、直筆の方が望ましいでしょう。

寒中見舞いの挨拶を送る時期は松の内から立春まで!

いかがでしたか?今まで送る時期なんて気にしていなかった…という人も多いはずです。これからはしっかり覚えて役立てていきましょう。ちなみに寒中見舞いは年賀状を出し忘れた時にも使えますよ。

年末年始忙しかった人の強い味方と言えますね。寒中見舞いを利用し、お世話になった人へのお礼や挨拶がしっかりできる大人になりましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月25日ビジネス

Posted by BiZPARK