【年末くらいはゆっくりしたい】年末年始に休める仕事とは?

2016年11月25日年末年始

お客が休みの仕事は年末休みが恒例

年末年始が休みの仕事というのは沢山あるわけですが、ポイントとしてはお客が休みであるかということ。多くの仕事はお客や顧客が第一です。ですので、お客が年末年始休んでいてその際顧客対応などができなくなる仕事であれば、併せて自分もしっかり休むことが可能です。

具体的に挙げると、法人相手の営業職や法人相手の仲介職などであれば年末年始はお客も休んでいる事が多く、休暇をしっかりとれることが多いでしょう。

勿論顧客に影響されない仕事も休み易い

開発研究職、総務経理などの事務職など企業内部で行う職は、顧客に影響されにくいのでこちらも年末年始しっかり休みがとれることが多いです。納期などの期限があり差し迫っている状況で出勤するということもありますが、基本的には休みとなるのが多いでしょう。

顧客の対応が必要な仕事は休みにくい

逆に言えば、年末年始も顧客対応が必要な仕事は、休みにくいです。特に年末年始が休みにくいのは販売業。飲食店や量販店など店舗にて働く販売業の場合は、年末年始は商売時とも言え逆に休みにくくなることもあります。

サービス業は全般的に休みにくい

販売業に限らず、年末年始もサービスを継続している、継続しなければならない仕事は休みにくいです。例えば病院や警察など公共サービスは人員は削減しても、誰かしらは年末年始出勤しなければなりません。

他にも常に稼動し管理しなければならないシステム、サービスを運営している仕事などはこれも誰かしらは出勤しなければなりません。

年末年始に休み易い企業とは?

大企業や一時請けのポジションにいる企業などは、社内の風潮で年末年始はしっかり休むというルールを作っている企業が多く、ポジション的にも影響は少ないので、休める場合が多いです。商社やメーカー系の企業は特にこれが強いですね。

他にも、公務員や国が管理する企業などは年末年始しっかりと休める場合が多いです。最近はリフレッシュ推進や経費削減のため、頑張ってでも年末年始は休みましょうという企業が大企業に増えてきています。

グループ企業もそれに乗じる傾向

年末年始を休む方針としている大企業の子会社、グループ会社、下請け会社もそれに乗じて休みとなることが多いです。直営店舗や工場なども併せて休業になる傾向にあります。

年末年始に休める仕事のまとめ

年末年始休みたいのは山々ですが、やはり仕事ですので、休めることだけを重視して仕事を選ぶのは余りよろしくはないかと思います。

また年末年始は毎度のごどく帰省ラッシュ、旅行するにしても満席でチケットがとれなかったり、人気シーズンで費用がいつも以上に掛かることもザラです。敢えて年末年始は働いて過ごしずらして休暇を楽しむというのも一つの手かもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月25日転職

Posted by BiZPARK