【年末年始が稼ぎどき!】仕事を休めないほど忙しくなる業種とは

2019年8月6日年末年始

年末に忙しい業種とは

年末に忙しい業種の代表は飲食業です。年末のこの時期には普通の地元の人から観光できている人まで需要が増えて忙しくて手が回らないというお店もあります。そのためにこの時期には臨時のアルバイトを雇うことも多いのです。

意外な職種も年末に忙しくなる

年末に忙しくなるのは店舗を持っている業種だけではありません。会計法人などの士業もこの時期には依頼が舞い込むのでその対応にてんやわんやになります。それとともに忘れてはいけないのが観光業です。観光業はこの時期に海外旅行などの高収益な旅行案件の売上が伸び、営業所を大晦日までやっているところもあります。

年始に忙しい業種とは

年始はほとんどの会社が休みになりますが、やっぱり最も忙しい業種は配達関係です。年賀状を配達する郵便業界は勿論のことですが、それ意外にも年末年始は様々な商品をネットで購入する人が増えて配達業界も大変忙しいものとなっています。

昔と違い年始からエンジン全開の業種も

世の中がかわり、昔ではゆっくり休めた業界も最近ではそうも言ってられなくなりました。その典型が輸送業で、年始も休みなしで働くドライバーさんも多いのです。業界の常識は様変わりしてきており、キャッチアップしていかねば年始からの対応に戸惑うこともあります。

年始に仕事を始める際の注意点

このように職種によってその忙しさに大きな開きがあります。そのために相手のスケジュールや勤務開始日をしっかりと押さえた上で電話をかけたり、訪問の予定を立てないといけません。また年末年始ほとんど休みなしで働き通しのオフィスもあり、そういったところへ三が日からかなり過ぎてから新年のご挨拶に行ったのでは心象も悪くなるのはしかたのないことです。相手の事情をよく把握して対応しないといけません。

年末年始に忙しい業種には要注意!?

年末年始に忙しい業種というのは昔からあるのですが、年末年始に忙しくする必然性がないのに余り休みを与えずに働き通しのところも増えてきています。こういった会社は色々な点で勤続するには相応しくはないでしょう。就職や転職に当たってはこういったことも参考にしながら考えていくことが大事になってきます。

年末年始に仕事が忙しくなる業種のまとめ

年末年始は業種や仕事によってその働きぶりが大きく違ってきます。年末に忙しくなるのは飲食業や観光業といったものが忙しくなり、臨時の採用をするほどです。逆に年始には運輸関係の需要が増えて、そういった業種が忙しくなります。こういったことを押えておかないと年始からの挨拶回りにも影響が出てくるとともに、礼を失することもにもなります。気を付けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK