年末年始に仕事を休みたい人が休暇を取る最善の方法

休暇, 年末年始

実際には年末年始に休めないことが多い

2a05ecc2c93a78e7

まず覚えておいていただきたいのですが、年末年始だからこそ、人を必要としている仕事は多いものです。労働基準法により、会社側は「社員が請求した日に有給休暇を与えること」とされています。

しかし会社の業務に支障をきたす場合、変更させることができるのです。この業務に支障をきたす日と言うのが年末年始に当たる場合には、常識的に考えて休暇は諦める必要があります。

年末年始は手当が高い

休みたいと思っても、年末年始に働くからこそ嬉しい面もあるんですよ。年末年始は殆どの場合、通常の勤務ではな休日出勤扱いとなったり、特別手当が出るものです。この為に、特に予定のない人やお金が稼ぎたいという人が率先して出勤することもあります。

休みのタイミングをずらす

Dd1bf1c7b46335e2

年末年始に休みたいと思ってもどうしても難しい場合がありますよね。そういった場合は、3が日を過ぎたあとに休みをとるのはいかがでしょうか。

出かけるならば4日以降がベスト

お正月3が日は意外とどこも混雑しています。交通機関もそうです。初詣やお正月映画、テーマパークなどに行きたいのならば、相手と予定をあわせて4日以降に行くのはいかがですか?少し休みをずらすだけで、混雑状況は大きく変わるものです。3が日以降はどこも比較的空いているので、過ごしやすくてオススメです。

どうしても年末年始に休みたい場合は?

77196968f264bdbf

年末年始に休みたい場合は、事前にいくつかのポイントをおさえておく必要があるでしょう。

入社前に確認をしておく

どうしても年末年始に休みたければ入社前に「お正月休みだけはどうしても取りたいのですが」と言っておく必要があります。もしも会社があなたを必要としているならば、その条件を踏まえた上で採用してくれるでしょう。また、こうした大切な内容はできれば書面で残しておくと良いでしょう。

パートやアルバイトは事前に伝えておく

パートやアルバイトの場合、会社都合で時給制で雇っているのですから、年末年始の中で休みたい日が一日位ならば比較的休み易いと言えます。その為に雇用が安定した正社員がいるのだと思いましょう。

できればシフト表に○×を付けるだけというのではなく、上司に直接理由を述べて「この日は休ませて頂きます」と言った方が反感を買いません。しかし雇用の際に「年末年始に出られます」と言ってしまったのであれば仕方ないでしょう。

譲歩できる範囲で協力し合う

年末年始の休みといっても、12月31日の大晦日からお正月3が日まで4日間あります。シフトを入れられてしまっている場合でも、交代で一日ずつでも休暇を取れるように上司に交渉してみると良いでしょう。

年末年始に仕事を休みたい場合も職場を考慮する

いかがでしたか。誰でも「年末年始くらい仕事を休みたい」と思うものです。そういった場合は事前に申請したり、職場を考慮したりすることが大切になってきます。どうしても働かなければならない場合もあるので、そうした際は自分にとって年末年始とは何なのかを考えると共に、「人が休んでいる時にうんと稼いで、あとで自分にご褒美」と前向きになることも大切ですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日ビジネス