仕事納めの退社時に好印象を残す挨拶の仕方

2019年8月6日仕事納め

退社時の定番の挨拶「ご苦労様」と「お疲れ様」

ビジネスシーンにおいて、退社時の挨拶といえば「ご苦労様」と「お疲れ様」ですが、きちんと使い分けできていますか?一般的に「ご苦労様」は目上の人から目下の人への挨拶、「お疲れ様」は目上への人に向けての挨拶です。

「ご苦労様」を目上の人に使うのは非常識?

本来「ご苦労様」は、お役目に対し労をねぎらう感謝の気持ちを表す言葉です。よって上下の関係性など気にせず使える言葉といえます。しかし、ビジネスシーンにおいては、目上への人に向かって退社時に「ご苦労様」と挨拶するのは失礼にあたるので注意してください。

年の瀬の挨拶といえば「よいお年を」

年末になると街中でもよく聞かれる「よいお年を」という挨拶。本来「よいお年を」の後には、「お迎え下さい」と言葉が続きます。仕事納めの日、上司などに向かって使用するときは、略さずに「よいお年をお迎え下さい」と挨拶しましょう。

無事に新年を迎えることは大変なこと?

現代では無事に新年を迎えることは当たり前のことですが、昔は、年の瀬に一年分のツケや借金の清算が行われ、取立てが行われていました。また、車や家電製品がないなかで、方々に年末の挨拶に廻ったり、大掃除を行うことは現代よりはるかに大変だったはずです。そのため、無事に新年が迎えられるよう「よいお年を」という挨拶が庶民の間で交わされるようになったそうです。

仕事納めの退職時、どのような挨拶をするべきか

仕事納めの退職時には、上記で述べた「お疲れ様です」と「よいお年をお迎え下さい」の2つの挨拶は必ず述べるようにします。良い新年を向かえられるよう、笑顔で元気良く挨拶して、その年の最後の業務を締めくくりましょう。

感謝の気持ちを付け加える

丁寧に挨拶したいときは、定型の挨拶のほかに、一年間お世話になった感謝の気持ちや、来年への意気込みを付け加えてみましょう。しかし、仕事納めの退職時に、長々と挨拶をするのは、失礼に当たるので注意してください。

仕事納めの退社時にすべき挨拶の方法に関するまとめ

仕事納めの退社の際、親しい間柄であれば「お疲れ様です。よいお年をお迎え下さい。」の二言で十分かと思います。上役に対し丁寧な挨拶をしたいときは、一年間お世話になった感謝の気持ちや、来年への意気込みを手短に述べましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK