上司にする仕事納めの挨拶のポイントと詳しい例文

仕事納め

上司への仕事納めの挨拶は社会人としてのマナー

09c77217749740f2

仕事納めの挨拶は、社会人であればしておくべきものです。特に上司への仕事納めの挨拶は、社会人としての礼儀になります。しかし、長々しい挨拶は決して喜ばれるものではありません。短く端的にまとめて、きれいな挨拶文をまとめていきましょう。

年末の最低限の振舞いとして挨拶をするべき

社内の雰囲気的にも長い挨拶がしにくい職場というのもありますよね。しかし、どんな職場であれ年末の挨拶をなしに帰るのは社会人としてのモラルが問われます。 年末最後の日の最低限の立ちふるまいとして、上司へは自分から挨拶をしておきましょう。

仕事納めの挨拶は流れが大事

仕事納めというのは1年のまとめになります。今年会ったことをきちんとまとめて上司への感謝などの気持ちをくみこんであいさつ文を作成しましょう。また、新年もよろしくお願いします。という挨拶も含めると良い締めくくりができます。まずこの流れを念頭に置いて作成すると良いでしょう。

上司から仕事納めの挨拶をされたら?

Afdea61c02d6a2bc

こちらからするのではなく、上司から仕事納めの挨拶を突然されたら逆にどうしますか?上司は年末年始にいそがしくもしかしたらあまり社内におわれないかもしれません。どんな場合でも社会人として対応できるように準備しておきましょう。

そのままの言葉を返すだけではもの足りない

挨拶を突然されたら、そのままの言葉を返してしまいそうですが準備をしておけば気の聞いた内容で返事の挨拶をすることができます。

どのような挨拶の返事がいいのでしょうか?たとえを挙げてみますのでご参考にしてみてください。無言で立ち去るよりしっかりと返事をするのが社会人なのです。

仕事納めの挨拶においてこころがけておくこと

もしあなたが忘年会などで仕事納めの挨拶を頼まれたらどうしますか?ほとんど周りが自分より先輩や上司が多かったら・・という状況でも仕事納めの挨拶を自分なりに準備をしておけば思いつめることはありません。心がけておきたいポイントをご紹介します。

直接ではなく文面であいさつしなければならないケースもある

F87bd70e2d97de89

どうしても上司と直接話をすることができなく、メールや書面などで仕事納めの挨拶を上司にする事になった場合また話をするのとは違います。どのような文面で仕事納めの挨拶をすればよいのでしょうか。細かい流れでご紹介していきます。

メールでの仕事納めの挨拶の場合:送信の時間帯に注意

メールは相手の年末の仕事の日程をみてそれに間に合うように、そして時間もギリギリではなく相手の見るであろう時間帯に送信しましょう。1年間のお礼が伝わるメールにしましょう。何をいいたいのか伝わることが必要なのです。

書面にて郵送で送る場合:相手に迷惑にならない時期を選ぶ

今は少なくなりましたが郵送という形で書面にて送る場合の事例もあげておきます。 書面にて送る場合は郵送期間もあるので相手の年末の行事に迷惑にならないように考えて送りましょう。上司にということなので失礼のないようにすることが大前提なのです。

仕事納めの挨拶・例文

6f1c05a13a50ba6d

例文

  • ●●部長 新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 年末年始は久しぶりに実家に帰り、家族とゆっくり過ごすことができました。 一年間の仕事を振り返り、どのようなことを学んできたのか、ということも整理できたように思います。 今年の目標は「即断」とします。 安易に案件を持ち帰らず、その場で自分なりの最適解をちゃんと出すこと、を仕事のあらゆる場面で心掛けたいと思います。 今年も頑張ります!

上司への仕事納めの挨拶は社会人のマナー!ポイントをとらえて準備をしておこう

仕事納めの挨拶といっても様々な挨拶の仕方があります。自分の立場や状況などをふまえどのような挨拶の仕方がいいのか判断をして内容などは1年を通しての感謝の気持ちをベースに準備をしておきましょう。準備をしておくことであせらず社会人としてのビジネスマナーを守った挨拶ができるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日ビジネス