先輩との付き合い方で「愛され後輩」になる方法【会社編】

コミュニケーション

愛され後輩になる先輩との付き合い方①時間を奪わない心掛け

Al203elvdoki20140830104650500

後輩である自分のために会社の先輩の時間を平気で浪費させる行動は、先輩という存在を軽視しているととらえられても仕方のない行動です。会社に限らず大学でもそうだったお思いますが、自分のために大切な時間を割いてもらっていることに感謝して、できるだけ効率的に済ませる姿勢で誠意を示すべきです。

メモを取り同じ間違いを繰り返さない

先輩に質問したり注意されたりしたときは、必ずメモを取り同じ注意をさせるなど、時間を奪わないようにしましょう。また先輩との付き合い方の中でメモを取る癖を付ける姿は好印象です。

愛され後輩になる先輩との付き合い方②パシリはチャンス

大学時代、パシリという言葉にはマイナスのイメージが含まれていましたが、頼みごとをされているのだと思えば嫌な気もしないものです。社会人になっても、先輩の付き合い方を考える上では「信頼を得ている」という自覚を持ってパシリ役を引き受け、できる後輩であることをアピールして下さい。

頼まれたこと以上のことをする

先輩との付き合い方を考える上で、パシリは愛される後輩になるチャンスです。将来有望な後輩になるチャンスと見るか、パシリとみるかはあなた次第です。その際、頼まれた以上のことをしましょう。先輩との付き合い方を受動的なものにせず、積極的に自分を成長させる機会と捉えたら、パシリは一つの挑戦になりますね。

愛され後輩になる先輩との付き合い方③尊敬の念

Max85 kanpaibeer20141220175304500

会社の先輩との付き合い方を考える際は、尊敬する気持ちが大切です。本心に尊敬の念があれば、口に出さなくても、無意識のうちに態度に表れているものです。それが会社の先輩にも伝わり、好印象を持ってもらえます。

先輩の長所に目を向ける

あなたも会社の先輩も人間なので嫌なところがどうしても目についてしまうものです。しかし先輩との付き合い方を考えれば、短所ではなく、長所に目を向けましょう。後輩として会社の先輩に尊敬することが大切です。人間関係をポジティブなものにしていく後輩が愛されないはずありません。

愛される後輩は会社の先輩との付き合い方で尊敬の念を忘れない!

会社の先輩との付き合い方で後輩が気を付けたいことは、二度手間などで時間を奪わないこと、パシリ役をチャンスとして利用すること、尊敬の念を持つことです。先輩を尊敬して頼まれごとを喜んで引き受け、先輩の時間を浪費させないことが愛され後輩になるポイントです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス