時間がないと言い訳をする人の特徴と解決策

2016年11月29日タスク管理

時間がないと言い訳する人の特徴①:優先順位をつけられない

Tokei

常に「時間がない!」と言い訳をしている人の多くに、優先順位をつけることが苦手だという特徴があります。一番初めに片付けなければならないことをすぐやらずに、後でもよいことを先に片付けたりするために、本来やらなければならないことを片付ける時間が無くなってしまいます。そのため、いつも時間がないと感じ言い訳もしてしまうのです。

やるべきことを紙に書き優先順位を確認していく

常に時間がないと言い訳をして、このような特徴を持つ人は、まず、やるべきことを紙に書き出してみましょう。書き出したら、優先順に番号をつけます。その中で、2分以内でできるものはその場で片づけます。そしてそれ以外のものを見直し、他の人に任せられるものがあれば頼むのも良いでしょう。あとは、優先順に片づけていけば、仕事は順番に片付いていきます。

時間がないと言い訳する人の特徴②:モチベーションが低い

時間がないと感じる人には、しなければならない事に対するモチベーションが低いという特徴がみられます。仕事に取り掛かっていても、やる気がなければ集中力も低下し、その仕事を完遂するのに時間がかかります。そのため時間がないと言い訳をしてしまうのです。このような特徴がある人が職場にいると徐々に全体の雰囲気も悪くなってしまいます。

集中できる環境を作ることで言い訳も少なくなる

時間がないと言い訳するモチベーションが低い人にも対策を打てます。モチベーションを上げるには、まず仕事がしやすくなる環境を整えるのです。デスク周りをきちんと整理整頓し、集中できる環境をつくります。また人間の脳は、口から発した言葉を実現しようとするので、「時間がない」と口にするだけで、能力やモチベーションを低下させ、その通りになってしまうのです。「時間がない」ではなく「時間を作る」「時間はある」と口に出して、モチベーションを上げていけば必ず実現します。

時間がないと言い訳する人の特徴③:時間が読めない

時間がないと言い訳する人の特徴に「時間が読めない」というものがあります。1つの物事を片付けるのにかかる時間が読めない人は、例えば本来なら2時間かかるものを1時間で終わると見込んでしまうために、結局時間通りに終わらずに、時間がないと言い訳をしてしまいます。

時間が読めない特徴がある人は余裕を持って仕事に取り組むべき

このような特徴の人は、自分の癖を自覚し、自分が「このくらいかかるだろう」と思った時間より多めに時間を取り、余裕を持って仕事に取り組むとよいでしょう。なかなか時間がつかめない人には、タイマーを使用することもお勧めです。普段から、様々な場面でタイマーを使い、作業にかかる時間をおおまかにでも掴んでおけば、計画が立てやすくなります。また、ダラダラしそうな時にも、タイマーを使用すれば集中もできるし、時間になれば切り上げることもできるのです。このようにして、時間を正確に見込める力をつけましょう。

時間がないと言い訳をする人は計画性がない上モチベーションが低く環境の整備や先読みが必要

時間がないと言い訳をする人の特徴と解決策について解説しました。時間がないと言い訳をしている人には、以上のような特徴があります。逆に時間に余裕がある人は、すき間にできた時間を、趣味やレベルアップ、仮眠などに充て、有効に使っているのです。もう1度時間の使い方を見直して、ゆとりを持って生活できると良いですね。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK