仕事を辞めることを試用期間中に電話で伝える時のマナー

試用期間, 退職

試用期間中に電話で退職を伝える事が必要な状況とは?

Cc library010010202

試用期間中で、仕事を辞めると退職の意志を伝えられない状況とは、どんなものでしょうか。人により様々だと思いますが、電話で退職の旨を伝えなければならないケースを挙げてみましょう。

会社に行こうとすると腹痛や吐き気がして動けなくなる場合

試用期間でも、電話で退職の意思を伝えるのは結構勇気のいることです。できれば出社して直接伝えたいと思うのが普通だと思います。しかし、試用期間にあまりにひどい体験をしたりすると、体が拒否するという現象が起きます。

会社に行き仕事を辞めると、退職の話し合いをしようという意思はあるのに、いざその時になると、動けないほどの腹痛や吐き気を催すのです。そのほとんどが心因性のものでしょう。試用期間中の辛い思いをし、ストレスが溜まってもはや出社できない状態に至ってしまったのです。

仕事を始めてすぐに不調を訴える人は意外と多いので注意

試用期間という事は、仕事を始めてすぐのタイミングと考えられますが、そんな時期に体調不良を訴える人はいるのでしょうか。答えはYesです。実は、試用期間であっても仕事・会社へのストレスから、体調不良を訴える人は多いのです。やはり、環境の変化や、相談する人がいないというのが、試用期間中に「仕事を辞める」とか「やっぱりこの会社を退職しよう」と考えてしまう大きな要因でしょう。

試用期間に電話で退職するときのマナーは?

Boy 454633 640

試用期間であれ、退職するには前もって会社に知らせるのがマナーですが、そもそも電話で退職しようという人は二度と会社に行きたくない、または行けない状態なわけですから、この際、腹をくくって電話をしてしまいましょう。

電話で仕事を辞めると、退職の意思を伝えたあとに、退職届を郵送で送るのがマナーです。

辞める意思を「はっきりと」伝える

仕事を辞めると退職を決意したのなら、電話でもはっきりと伝えるのがマナーです。試用期間であれば引継ぐ業務もそれほどないと思いますので、1回の電話で片付くように、ここははっきり伝えたほうが、話がこじれずお互いの為です。

よく見受けらるのが、会社の上司や先輩から「もう少し考えてみろよ」と言われて、決断を先延ばしにしてしまう事です。結局、退職するのかしないのか、答えが出ないままずるずる時間が過ぎると、色んな人に迷惑がかかります。退職することを気にかけてくれた上司や先輩はもちろん、会社の人事にも迷惑をかけるでしょう。仕事を辞める、退職すると決まったら「はっきりと」退職の意思を伝えてください。

退職理由は「一身上の都合」で通す

仕事を辞めると電話で退職を伝える場合でも、当然ながら退職の理由を聞かれる事になるでしょう。その場合は、試用期間でも、できる事なら一身上の都合で通すのがマナーといっていいでしょう。

ただ、どうしても我慢できない業務内容や、我慢できない社員が居る場合はそれを伝えても構いません。試用期間なら引き止められる可能性も低いでしょう。

電話で退職を伝えること自体を素直に謝罪する

試用期間であっても、会社に電話で退職を伝える事はあまり好ましくないのが事実です。というのも、直接会って話したり、書面で意思表示をする事を求める会社があるからです。なので、電話で退職を伝える事に対して、素直に謝罪できるといいでしょう。もしも仕事を辞める際、会社に電話で退職を伝えるときは、会社に対する感謝の気持ちを思い出してください。そうすれば、会社に対して謝罪の言葉がすっと出てくるでしょう。

ただし、会社に謝罪するからと言って、自分を責め立ててはいけません。仕事を辞める時、電話で退職を伝えるどころか、突然仕事を辞める(ドタキャンorばっくれ)というケースや、1通のメールで済ませてしまうケースも見受けられます。なので、電話で退職を伝えるにしろ、きちんと意思表示をしようと思った、という部分については自責の念に駆られる必要がないでしょう。

退職する会社であってもネガティブなことは伝えない

試用期間中に退職を決心したという事は、もしかしたら、会社や仕事に対して色々な不満を抱えているかもしれませんね。待遇、給料、福利厚生、人間関係など…不満や愚痴はおさまらないかもしれません。しかし、たとえ電話で退職を伝える会社、もう辞める会社であっても、ネガティブな発言は一切口にしない方が懸命なのです。

悪口はもっての他です。会社関係の誰か一人にでも聞かれた場合は「そういえばあの人あんなこと言っていたよ…」と言われてしまいます。そうなると弁解や弁明をする術はありません。退職後の評価をわざわざ下げる必要はありませんよね。退職するときは最高の評価で会社を後にしてください。どうしても仕事や会社に対してのストレスがたまった時は、家族や友人など仕事に関係ない人に愚痴を言うようにしてみてはどうでしょうか。退職するからと言って、好き放題言っていいわけではありません。自分の退職時には「立つ鳥跡を濁さず」の言葉を思い出しましょう。

電話すら嫌なら代行を利用して退職を伝えるのも手

試用期間中に仕事を辞める際に、本当は電話ですませたいけれど、その電話すら嫌だという人のために、代行電話というものを紹介します。

代行電話とは、退職届も代理で作成してくれ、あなたは何もする必要がありません。退職のマナーとしてはあまりオススメできませんが、いつまでも退職の電話ができないでいるよりはよいでしょう。

Max87 burankodekodoku20140531500

電話代行の依頼で最も多いのが退職処理

なんと、電話代行を利用する目的として最も多いのが退職の電話代行だそうです。確かに、退職したいと考える人は、もうその会社に関わりたくないという人がほとんどでしょうから、電話すらかけたくないと言うのもわからなくはありません。特に試用期間であれば、それほど罪悪感やマナー違反の意識もないのかもしれないですね。

試用期間中における退職の影響も知っておこう

Woman 828886 640

人によって退職の理由はさまざまです。試用期間中など短期間で退職した事実は理由が何であれマイナスのイメージを与えてしまいますから、今後転職活動をする際には、なるべくその事実を履歴書に書きたくないと思うのが普通ですよね。もしも試用期間中に退職する意思が出てきたら、同時にその事がもたらす影響も知っておいた方がいいです。

今後の転職活動である程度不利になる

試用期間中など、短期間で退職した経験が多い人は自ずと退職、転職回数が多いことになります。そのような履歴書は書類選考において間違いなく不利です。どんな理由があったとしても、履歴書からは「長続きしない人」という印象しか生まれません。だからといって、書かないのは許されるのでしょうか。

試用期間の退職であっても社会保険などから判明するかも?

試用期間中に退職した企業に関して、例え履歴書に記載しなかったとしも、実は会社は社会保険などから過去の職歴を追うことは可能なのです。もちろん、1日やそこらで退職したのなら履歴に残りませんが、少なくとも雇用保険に加入していれば手続きの際にわかります。

試用期間に電話で退職を伝えるときは「仕事を辞める意思」をはっきり見せるのがマナー

試用期間中に仕事を辞めるとき、電話で退職を伝えるマナーについて紹介していきましたが、いかがでしたか?試用期間であっても本来であれば、会社の担当者や上司と直接会って、退職についてしっかり話あった上で円満退職をするのが一番いいですし、それが一般的なマナーだと思います。しかし、どうしても出社できないなどやむを得ない事もあるでしょう。仕事辞めると退職を電話で伝えるのは、そんな時の緊急事態と考えて、参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス