機嫌が悪い人の対処方法を身につけて損はないです

2016年12月20日コミュニケーション

機嫌が悪い人に対する対処方法を考える必要がある

A0003 001885

機嫌が悪い人に対してどのように接するか困ることが多いですよね。ちょっとした声掛けをするだけでも相手がどんな反応を示すかわかりませんし、もし怒られたりしたらとんだとばっちりです。そのような状況にならないようにするためにはどうすればいいでしょうか。いくつか対処法を確かめましょう。

機嫌が悪い人への対処方法①:声を掛けない

機嫌が悪い人への対処方法として考えられるのは声を掛けないことでしょう。機嫌の悪い人に対していろいろと声を掛けようとするといわゆる逆ギレを起こして怒られてしまうかもしれません。それならばいっそ静かに過ごすのも大切でしょう。余計な一言で現場の空気を悪くするのであれば、相手の機嫌が直るまで静かに過ごしておいた方がいいでしょう。

機嫌が悪い人への対処方法②:親切に接する

機嫌が悪い人への対処方法として考えられるのは親切に接することです。どんなに機嫌の悪い人でも優しく接すると柔和になります。はじめのうちは多少機嫌が悪いまま接するかもしれませんが、常に親切な対応を示せば相手も自然と機嫌がよくなってくるでしょう。例えばおやつ時にチョコレートや洋菓子を差し入れたり、休憩時間に話しかけて相手の愚痴を聞くなどするのが適切な対処方法です。

接し方を間違えると自分自身の機嫌を損ねる結果になる

接し方を間違えると自分自身の機嫌を損ねる結果になるかもしれません。①の場合、全く接していないと逆に相手からも接されなくなるリスクがありますし、②の場合タイミングを間違えると「余計な気を遣うなら何もしないで」と言われてしまうかもしれません。あなたにとって良かれと思ってやったことが逆効果になると、悲しさと怒りが一気にやってくるでしょう。そうなってしまうと結局あなたの機嫌を損ねることにつながります。相手の表情や言動などを見計らって上記の接し方を行うよう心掛けましょう。

まとめ

機嫌が悪い人には何か原因があるはずです、それがプライベートなのか仕事なのかはさておき出来ればそのような態度を出さないでもらいたいのが本音です。しかし、他人がどうなるのかはわからない事です。そんな時にはこれらの事を踏まえて機嫌が直るのをひたすら待つしかないかもしれません。ビジネスシーンにおいては仕事に影響も与えかねないので、機嫌が悪い人には上手に対処方法を使っていくのがベストですね。

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK