部下と飲みに行く際の注意点について

コミュニケーション, 部下

部下と飲みに行く際の注意点①:信頼関係に合った対応

A0002 002278

部下と飲みに行く際の注意点として重要な事は、「お互いの信頼関係にあった話の内容、接し方を意識する」と言うことです。仮に上司の方が快く思っている部下に対して親睦を深めるために飲みに誘うという場合でも、誘われた部下が必ずしも快く受け取っているとは限りません。場合によっては「上司との飲み会=残業」と考えていることもある為、その辺りを十分に意識することが大切です。

部下の気持ちも尊重してあげることが大事

・何人で飲みに行くのか

・目的は何なのか

・強制はしない

・仕事とプライベートを分けて考える

など部下の気持ちも尊重し、部下にストレスを与えないように十分意識することが大切です。また、相手の状況を良く理解し、帰宅する時間にまで配慮することが上司としての重要なポイントです。間違っても「自分が気のすむまで付きあわせる」と言うことのないように注意してください。

部下と飲みに行く際の注意点②:目的を明確にして飲みに誘う

上司に飲みに誘われた部下の中には、それ自体に非常に大きなストレスを感じる人もいます。一般的な認識として「飲み会=楽しいもの」という印象はありますが、それはあくまでも「気軽に過ごすことが出来る側」の価値観です。嫌いな上司、苦手な上司との飲み会はストレス以外の何物でもないと感じている部下にとって、誘われること自体がパワハラと感じてしまう可能性もあります。そこで、部下を飲みに誘う場合には強制的にではなくしっかりと了承を得ることが大切です。その際、「目的を明確に」すると部下も心構えがしやすいのでおすすめです。

飲みの目的は仕事や悩み相談について

例えば、「これから始まるプロジェクトについて、少し深い話がしたい」とか、「最近悩んでいるようだが、気分転換に飲みにでも行かないか」と言った具合です。このように目的を明確にすれば、部下も妙に緊張せずに飲みに行くことができます。目的については教えておくようにしましょう。

部下と飲みに行く際の注意点③:無理な誘いはNG

毎日の激務につかれ、週末にはストレスを発散させるために飲みに行きたい。しかし、一人で飲みに行くのも寂しいので手近な部下を誘って飲みに行く。「おーい、これから飲みに行くからちょっと付き合え」などと部下を飲みに誘うのは、余程信頼関係が成立している状況以外では避けた方が賢明です。

部下は飲みを断りにくいので任意であることを前提に誘おう

「実は用事があって」と断ることが出来ない部下は、自分の用事をキャンセルして上司の誘いに“付き合ってあげた”という印象を持つこともあります。そうなってはストレス以外の何物でもありませんので、その後の信頼関係形成において重大なわだかまりになってしまうこともあります。

・相手の意向を尊重する

・出来るだけ早めに誘う

・断れる環境を作る

と言った事を意識し、「あくまでも任意」という環境で部下を飲みに誘うようにしてください。

部下を飲みに誘う際は目的を明確にして意志を尊重してあげる

上司と飲みに行くことは、「可愛がられている」、「好かれている」と言ったポジティブな印象を持つ部下もいますが、すべての人がそのように感じる訳ではありません。中には飲みに行くことをストレスと感じてしまう部下もいるため、あらかじめそのような点に配慮した方法で部下を飲みに誘うことが大切です。特に、「上司の誘いは絶対」などと言った印象を与えてしまわないように十分に注意してください。適切に行えば部下と飲みに行くことは非常に効果的なコミュニケーションの方法になります。飲みに行く際はこれらに気をつけて誘ってみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス