嫌味な上司を気にしない効果的な方法3つ

コミュニケーション, 上司

嫌味な上司を気にしない方法①:耳には入れるけど頭には入れない

Gf01a201502010700

嫌味な上司を気にしない方法一つ目は、耳にはいれるけど頭には入れないという方法です。それこそ右耳から聞いた言葉を左耳からそのまま追い出すような感覚です。

上司を無視できない状況だった場合にも、口では「はい」と返事をするだけで、頭に入れてはいけません。

心の中で「また嫌味が始まったよ…」と思いながら、静かに過ぎ去るのを待ち、気にしないようにしましょう。

きちんと話を聞いている態度を装う

嫌味な上司の話を気にしないために、耳にはいれて頭には入れないようにする場合でも、態度は聞いているフリをするのがポイントです。

あからさまに嫌々な態度をしていては、「なんだその態度は!」とさらに嫌味を言われかねませんので、きちんと聞いているように装いましょう。

嫌味な上司を気にしない方法②:心を「無」にする

嫌味な上司を気にしない方法二つ目は、心を「無」にすることです。とにかく、嫌味を言われている時間は何も考えない。心を無にした状態で、御経を聞いているような感覚になってみるのも良いでしょう。

もちろん嫌味を言っている上司の言葉を聞く必要はありません。

喜怒哀楽の一切の感情をそぎ落とし、ひたすら「無」になりましょう。

ちょっとうつむき加減になって上司を見ない

上司の顔を見ていると、嫌でもいろいろと考えてしまいますので、心を無にするにはちょっとうつむくのがポイントです。少し下を見ていた方が上司は反省しているように捉えてくれるでしょう。

上司の膝あたりを見るくらいがちょうどいいですね。

嫌味な上司を気にしない方法③:いっそ肯定してみる

Keyboard 597107 640

嫌味な上司を気にしない方法三つ目は、逆転の発想でいっそ肯定してみるというのもいいかもしれません。

これは上級者向けですが、嫌味を言っている上司の話を、「そうだよな」、「そうそう」、「そういう考え方もあるね」と肯定すれば、嫌味も意外と気にならないものです。

それがその上司の一種の個性と考える

世の中には様々な人間がいますから、嫌味ばかり言う上司のそれも一種の個性と思ってしまえば楽かもしれません。

そうすればムカつく上司の発言も肯定できたりします。

これができるようになれば、あなたはかなり心の広い人間になれるはずですよ。

嫌味な上司を気にしない方法として肯定するのも一つの手

嫌味な上司を気にしない方法をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

状況に応じて使えるものと使えないものがあるかもしれませんが、何にせよ話を聞かない、もしくは何も考えないのが一番です。

上級者の策としてはいっそ上司の言葉を肯定してしまうというのも一つの手でしょう。

職場の雰囲気は数字に直結すると言われていますので、快適な職場を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス