初対面の人との会話を弾ませる3つのコツ

コミュニケーション, 初対面

初対面での会話のコツ①:相手の名前を呼ぶ

Akusyusuru

初対面の人との会話をするときに、相手に好感を持ってもらう一番簡単なコツは話の中で相手の名前を呼ぶことです。人はみな自分が認められたい、という気持ちがあり、名前を呼ばれるだけでその気持ちが満たされるようです。日本語は主語がなくても話せてしまうことが多い言語ですが、初対面ではあえて相手の名前を混ぜて話をしましょう。

人は名前を呼ばれるだけで嬉しいもの

会話の中で名前を呼ぶことがおすすめの理由は、承認欲求を満たすためですが、名前の効果はとりわけ絶大なのだそうです。人は「愛している」とか「好き」といった言葉よりも自分の名前を呼ばれるのを好むのだそうです。名前を呼ぶのは不自然なことではありませんし、そこまで好感を持ってもらえるなら、このコツを使わない手はありません。

初対面での会話のコツ②:「たちつてと」の話題を使う

初対面の時の会話で困るのが話題です。何せ相手について知っている情報が少ないので、どういう会話をすれば相手が喜ぶのか検討がつきません。そんなときにおすすめなのが「たちつてと」です。「たちつてと」とは、

た:食べ物

ち:地域

つ:通勤

て:天気

と:富

これらの頭文字をまとめたもので、これらの中のどれかの話題をふれば会話に困ることはそうそうありません。

人は相手と共通項が多いと好感を持つ

初対面の人との会話に困ったら「たちつてと」の中から話題を探してみるコツをおすすめしましたが、これは相手との共通ポイントを探るためにも必要です。好きな食べ物、同じ出身地、何でも良いので、話題の中で何か共通項があれば、そこから話題を発展させていくのがコツです。人は共通項が多ければ多いほど相手に対して好感をもつと言われています。

初対面での会話のコツ③:リアクション

初対面の人との会話をするときのコツとしてリアクションもあります。日本人はリアクションの薄い人が多いのですが、初対面の人に対してははっきりとしたリアクションを示すのが大事です。会話の中でのリアクションは主に相槌で、声のトーンやタイミング、表情などが含まれます。できるだけ明るく楽しそうなリアクションをとるのが、相手が話しやすくなるコツです。

はっきりしたリアクションは相手へのサービス

初対面が明るく楽しそうに話を聞いてくれたら、少なくとも相手に対して嫌な感情を持つことはありません。それだけリアクションは大切なコツであり、リアクション上手はサービス精神が旺盛である表れとも言えます。初対面の人との会話の内容も大切ですが、相手の話を聞いている時の自分の反応を工夫することも同じくらい大切です。

聞き上手になるのが初対面の会話では重要

リアクションと近いコツとして、初対面では聞き上手になるのが重要なポイントです。初対面では自分の話は短くとどめ、質問をするなどして相手の話を引き出しましょう。相手と自分の会話のキャッチボールを意識してください。

初対面での会話のコツは「名前を呼ぶ・話題を用意・リアクション」

初対面の人と会話する際に知っておきたいコツは、第一に会話の中で相手の名前を呼ぶことです。あまりにも頻繁だと不自然ですので、5分に1回程度の頻度で相手の名前を呼びながら話をしましょう。また初対面トークの鍵は「たちつてと」の話題です。相手との共通項が多いと好感度も上がります。さらにリアクション上手であれば相手に一層良い印象を持ってもらうことができるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス