社内イベントで盛り上がる!会社の交流を深める企画案4選

社内イベント

社内イベントで職場の人と交流&コミュニケーションを図ろう

Analysis 680572 640

社内イベントやレクリエーションに参加するのは重要性です。それは、やはり会社内の人間と直接ゆっくりと会話ができるという点にあるのではないでしょうか。

特に最近は社内・社外問わず、連絡ツールはメールが主流です。そうなると、職種によっては職場でも社内の人と全く会話しないなんてケースもあるかもしれません。

そんな現代において、社内イベントは職場コミュニケーションを深めるために重要な役割を担っているといえます。

社員の費用負担ゼロでレクリエーションを行う会社も

職場のコミュニケーションの重要性を再認識している会社が増え、社内イベントを通して社員同士のコミュニケーションを深めることを意図し、社内イベント全般を福利厚生にしている企業も多いようです。

つまり、社内イベントに参加する上で社員の費用負担はゼロということ。それだけ、社内イベント・レクリエーションが組織に大切だと再認識され始めているのです。

社内イベントによって社員のモチベーションもアップ!

職場内での交流や、コミュニケーションの活性化という観点から見て、社内イベントが有効だと伝えしましたが、さらに社員のモチベーションアップにも一役買っているようです。

社内イベントで多くの社員とコミュニケーションを取ると会社への帰属意識が高くなると言います。つまり、自分はその会社の一員であるという意識が強くなるのです。

社内イベント・レクリエーションで、交流やコミュニケーションを深めることで仲間意識も生まれるからでしょう。それが間接的にモチベーションアップにつながる場合も往々にしてあります。

社員主体で、自由度の高い社内イベントにするのが◎

社員が社内イベント・レクリエーションを楽しむためには、ある程度自由度のある社員主体にするのが大切です。

特に多くの社員と関わり、職場内での交流やコミュニケーションを深めるためには社員がそのイベントを心から楽しめる環境にいないといけませんので、あまり会社の枠に囚われてしまったり、一部の社員だけが楽しんだりするようなイベントは避けるべきです。

社内イベントの企画案を紹介!

それでは、これから実際に会社で行う社内イベントの企画例として、職場で交流やコミュニケーションが図れるものをいくつか紹介していきたいと思います。ではまず、参加型の社内イベントの企画例をご覧ください。

社内イベント・レクリエーションの企画案①:社員旅行

Bowling 237905 640

社内行事・レクリエーションとして代表的なのが社員旅行でしょう。社内行事として一時期流行っていた社員旅行ですが、不景気とともに一気に廃止する会社が増えていました。

しかし、最近ではこの社員旅行が復活傾向にあるようです。特に社員数の少ない中小企業やベンチャー企業では社員の交流やコミュニケーションを図るために社内イベントとして社員旅行を実施しているようです。社内行事の"鉄板ネタ"ですね。

社内イベント・レクリエーションの企画案②:スポーツ大会

続いて参加型の社内イベント企画例で紹介したいのが、ボーリング大会や野球大会といったスポーツ大会です。こちらの社内行事は、種目の得意・不得意関係なく全員が楽しめるようなルールを考え、みんなで汗を流すことで職場の人たちと交流やコミュニケーションが図れます。

ただ屋外でスポーツ大会を計画される場合には天候も気にかけ、もし雨が降ってしまったときの代替案もしっかりと事前に考えておきましょう。予定を組んだのに中止…なんてことになると、次回以降の社内行事は参加率が下がってしまうかもしれませんよ。

社内イベント・レクリエーションの企画案③:季節イベント

次に紹介したいのが季節イベントです。季節イベントとは春に行う「お花見」であったり夏に行う「バーべキュー大会」、年末年始に行う忘年会や新年会です。

職場の人間とお酒を飲んだり、食べたりしながら話をすることで普段聞けない話や、知らなかった一面を見ることができたりと交流やコミュニケーションを図ることができます。

職場によっては社内行事として恒例になっている会社もあれば、反対に全く開催されない会社もあるでしょう。是非、定期的に開催する社内行事の一つにしてみてはいかがでしょうか?

社内イベント・レクリエーションの企画案④:表彰式

少し変わった企画案として、表彰式というレクリエーション・社内行事があります。

会社内での交流やコミュニケーションだけでなく、社員のモチベーションも高めたいというなら、表彰式などの社内イベント企画が良いでしょう。

その際、表彰式なら年齢や勤続年数に関係なく、その年に活躍した社員が平等に評価されるなどの配慮してあげると、会社全体でモチベーションアップにつながるはずです。また、レクリエーションとして行うのであれば、堅い雰囲気よりも和やかな雰囲気が好まれますよ。

社内行事は楽しめる案がベスト!会社・職場で交流を図れる社内イベントを企画しよう!

社内イベントの重要性や社内行事の企画案・例に関して紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?会社において、社内イベントは、職場の人間と交流やコミュニケーションを図る絶交の場であり、社員のモチベーションを上げて、会社全体を活気づかせるイベントです。

会社として社員同士のコミュニケーションの活性化を図るなら、社内イベント・レクリエーションはかなり効果的と言えるでしょう。なかでも社内イベントでおすすめさせて頂く企画例は社員参加型と社員モチベーションアップ型です。これから、企画を考えられている方や、幹事をされる方はぜひ紹介した例を参考にしていただきたいです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス