汗ジミの目立たない素材と夏の身だしなみマナー

服装マナー

汗ジミが目立たない服装①:白か黒のポリエステル

Yellow 715540 640

汗ジミの目立たない素材と考えた時に、最初に紹介したいのが、色の問題です。例えば灰色の服をトップスに着ている人で、汗ジミがすごく気になるという人を見たことあるかたも多いのではないでしょうか。それもそのはずで、グレーというカラーは、汗ジミがすごく目立ちやすい色味なのです。もし汗ジミが目立たないカラーの服装だったのなら、その方もそんなに汗ジミがめだってしまうということはなかったかもしれません。そしてその汗ジミが目立たないカラーこそが、白と黒なのです。汗ジミを目立たないようにしようと思ったら、トップスは白か黒にしましょう。

ポリエステルは最も汗ジミが目立ちにくい素材

また、素材としては、ポリエステルが最も汗ジミが目立ちにくいです。速乾性に優れている素材なので、汗をかいてもすぐに渇き、汗ジミを長時間作るということはなくなるでしょう。したがって、汗ジミの目立たない服装としては、白か黒のトップスで、かつ、ポリエステルの素材のものを選ぶようにするということが言えます。

汗ジミが目立たない服装②:インナーは必ず着用する

さらにインナーを必ず着用するようにしてください。インナーを着用することで、汗ジミが目立たないようになりますし、さらに、もう一つ、身だしなみのマナー違反を防ぐことができます。夏場の素材では、肌が透けてしまうというのが、身だしなみにおける重大なマナー違反となります。誰だって肌が透けていたら気持ちが悪いと思うものです。しかしインナーを着用することでそれを防ぐことができるようになり、二つの身だしなみにおけるマナー違反を防ぐことが可能になるのです。

コットンの素材は汗ジミを作ってしまう

もちろんインナーにもポリエステルの素材のものを選ぶと尚良いです。インナーにコットンの素材のものを選ぶと、汗を吸い込み、汗ジミを作ってしまい、結果的に汗ジミがトップスまで透けてくることが有ります。トップスの素材にこだわることも大切ですが、インナーの素材にこだわることも同じくらいに大切ですので、注意して素材を見るようにしてください。

汗ジミが目立たない素材③:汗をかいたらすぐに拭く

さらに、夏場の身だしなみマナーとして言えることが、もう一つあります。それは、汗をかいたらすぐに拭くようにするということです。夏場の身だしなみマナーとして、服の透け、汗ジミと同じくらいに嫌われているのが、汗をダラダラとかいたまま、テカテカの状態で仕事をすることです。汗は誰がみても不快なものですし、清潔感はまるでありませんよね。ですから、汗をかいたらすぐに拭くようにするのがマナーなのです。

体臭を防ぐためハンカチやタオルを持ち歩く

汗をすぐに拭くようにすれば、汗による身だしなみのマナー違反を避けることが出来るだけでなく、汗ジミもますます目立たないようになりますし、体臭も発生しづらくなります。したがって、いつも汗を吸いやすい素材のハンカチやタオルなどを持ち歩き、汗をかいたらすぐに拭くようにしてください。それこそが夏場の身だしなみマナーです。

汗ジミの目立たない素材はポリエステルで汗をこまめにふくことがマナー

汗ジミの目立たない素材と夏の身だしなみマナーとして言えることは、以上の通りになります。これらのことに気をつけていれば、夏場でもまわりから疎まれたりすることはなくなっていくでしょう。たかが身だしなみ、されど身だしなみです。是非参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス