お別れ会・故人を偲ぶ会の服装マナーとネクタイ選び【平服】

お別れ会, 服装マナー

平服でお別れの会に出席する際の服装マナーとは?

Shirt 281455 640

故人を偲ぶ会やお別れ会の案内状に「平服でお越しください」と記載されていて、服装に困ってしまった人も多いのではないでしょうか。そもそも平服とは何かをご存知ですか?平服と言われると普段着をイメージしてしまうかもしれませんが、意味としては「礼服ほど正装しなくても良いが、その場に適した服」のことです。

お別れの会での平服は喪服でも礼服でもない地味な服装を選ぼう

偲ぶ会やお別れの会は葬儀とは違い、自由なスタイルで多くの人に、故人とのお別れをしていただくためのお別れの会です。結婚式やお葬式など格式が高い式では礼服を着用しますが、偲ぶ会やお別れの会の場合そこまでかしこまる必要はありません。ですから「平服」となるわけで、決してカジュアルな服装がOKというわけではありません。

お別れの会で着る平服に迷った際は男性はスーツ・女性はワンピースにするのが無難

平服といえど、男性はやはりスーツを着用する方が多いようです。故人を偲ぶ会やお別れの会に平服で出席することになったけど、何を着ていけば良いかよくわからない!と服装に迷ってしまったら、これだけ抑えておけばOKです。男性は黒かダークカラーのスーツに白いシャツ、女性は黒または地味な色のスーツかワンピースが無難です。派手な色や装飾品、お化粧は偲ぶ会やお別れの会では控えてください。

男性は平服であってもネクタイを締めるべき

偲ぶ会やお別れの会に平服で出席する場合であっても、男性はスーツを選ぶことが多いようですので、基本的にはネクタイを締めるべきです。カジュアルなシャツにジャケットといった服装ならネクタイは必要ないかもしれませんが、偲ぶ会やお別れ会のケースではあまりカジュアルすぎる格好はよくありませんので、逆にネクタイを締めること前提で服装選びをした方がいいかもしれません。

お別れの会に平服で出席する際のネクタイ選びとは?

故人を偲ぶ会やお別れの会に平服で出席する際、スーツも靴も鞄も決まっているのに、意外と決まらないのがネクタイです。喪服ではないので、真っ黒のネクタイはNGですが、でも派手すぎるのもよくないし…じゃあどこまでがOKなの?と悩んでしまいますよね。では、偲ぶ会やお別れの会に平服で出席する際のネクタイ選びについて紹介します。

I

濃紺やグレーなど地味な色のネクタイがおすすめ

お別れの会や故人を偲ぶ会に着けていくネクタイで迷ったら、濃紺かグレーの色を選ぶことをおすすめします。この色なら無地でもOKですし、ドットやストライプの柄が入っていても小さく地味目なら問題ありません。要は喪服に見えず、派手ではないネクタイであればいいわけですから、あまり難しく考えすぎなくて大丈夫です。

故人を偲ぶ会やお別れの会で平服を着用する際のネクタイの色は濃紺やグレーを選ぼう

お別れの会や、故人を偲ぶ会に平服で出席する際のネクタイのマナーについて紹介してきましたがいかがでしたか?お別れ会は、お別れする方とのひと時を過ごす時間のため、失礼のないような平服で臨むべきでしょう。

周囲の視線が気になるあまり、ファッションセンスにこだわってしまうのは避けましょう。お別れ会は自分をアピールする場ではないのですから。平服とはいえ、地味な色の服装を心がけるようにします。ネクタイは喪服に見えないものを選ぶのがポイントです。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス