フォーマルで行くべき?入社式が私服指定の場合にふさわしい服装

入社式, 服装マナー

入社式で私服指定をされた場合、カジュアルフォーマルが基本

Tai

入社式に私服を指定されても、どのような私服がふさわしいのか?ふさわしい私服をどう選んで良いかわからない人はスーツで行く方も多いと思います。

しかし、せっかく私服指定をされていることですし入社式へ私服を着て行きたいなと思う人も多いでしょう。そんな時にはふさわしい私服として、カジュアルフォーマルな私服を選ぶようにしましょう。

カジュアルフォーマルな私服を選べば失敗しない!

男性は襟が付いているシャツにチノパンなどのパンツを合わせ、上にはカジュアルなジャケットを着用したら、それだけでふさわしい私服となります。

そして、女性に関しては、女性シャツにタイトスカート、カジュアルなジャケットを合わせても良いですが、女性の場合はスッキリしたパンツスタイルも入社式で私服が指定された場合に着て行っても問題ありません。ただし、男女どちらもデニム生地の物はいくら私服の指定があったとしても一切ご法度ですので注意してください。

私服指定をされた場合、靴もカジュアルフォーマルにすると◎

会社から入社式には「私服で」と設定されている場合、前述で紹介したフォーマルな私服に気と付けるだけでなく、靴にもふさわしいものを選ぶ注意が必要となります。

男性の場合、いくらなんでもスニーカーはいけません。会社にスニーカーで行くのは、フォーマルな場ですからNGとなります。スーツにも合わせられるような、カジュアルなレースアップのシューズがありますよね。他にもフォーマルなスリッポンのようなものを選ぶとよいでしょう。色は黒や茶色などがベストです。

女性の場合は黒やベージュのパンプスが良い

そして、女性も無駄に高いハイヒールのパンプスを選ぶのではなく、その場にふさわしいとされる、歩きやすい高さのヒールのついたパンプスが良いでしょう。もちろんローヒールでも大丈夫です。色に関しては様々な色がありますが、黒やベージュなどの落ち着いた色を選びましょう。

入社式で私服指定をされていても常識の範囲を守る

いくら入社式で私服がOKだとされても、常識の範囲というものがあります。基本的には「これは大丈夫かな、あったら何か注意されるかもしれないな」と思うものは、身につけていくのはやめた方が無難です。では、一体どんなものがNGとされるのでしょうか。

Taitaitaitai

NGなものもチェック

まず、アクセサリーです。落ち着いた感じのネックレスは問題ないでしょうが、例えば、指輪をじゃらじゃらつけたり、男性だったらお財布のチェーンや鍵をじゃらじゃらさせるのはもってのほかです。

他にも帽子など、オシャレに見えるからかぶりたいなんて女性もいるみたいですが、入社式にはオシャレは求められていませんから、帽子も避けましょう。あくまでもマナーの範囲内でその場にふさわしい私服を着て行きましょう。

入社式で私服を指定されたらカジュアルフォーマルを選べば失敗しない!

今回は、入社式で私服指定された時の適切な服装についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。

入社式に私服で行っても良いと言われても、困ってしまう人も多いですよね。ただ、基本はその場にふさわしい私服として、フォーマルな私服にすれば問題ありません。私服と言えども、入社式ではフォーマルを意識した私服を選んでおいて損はありませんよ。

また、帽子やゴツゴツした指輪などは一般的に常識の範囲を超えているといわれていますので、身につけないようにしてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス