郵便での宛名・敬称の書き方と気を付けたいビジネスマナー

郵便

郵便での「宛名」の書き方とは

Boy 633014 640

ではまず、郵便を送る際の正しい宛名の書き方から見ていきましょう。

宛名と一言でいっても、住所から会社名、個人名など書くべき項目は多くありますが、どういったことに注意して書くのが、郵便での正しい宛名なのでしょうか?

宛名の書き方で気を付けるべきポイント一覧

郵便での宛名の書き方としては、以下のポイントに注意して書くのが望ましいでしょう。

■相手の名前を一番大きく、真ん中に来るように書く

■住所の県名は同じ都道府県内に送る場合でも入れる(東京都など正式に)

■(株)と略さず、「株式会社」と正式名称を入れる

■会社名と部署名は改行する

■肩書き(課長など)は名前の前に出す

■大切な文書を送るときには、封じ目に「〆」の字を書く

また、郵便の宛名を書く際は、相手の企業名や個人名、そして肩書きは絶対に間違えないようにしなければいけません。

郵便を出す前に、必ず確認しておきましょう。

郵便での正しい「敬称」の書き方とは

郵便を出す際の宛名の書き方を見たところで、次は敬称の書き方も見ていきましょう。

相手の肩書きは会社や組織の中での社会的地位であり、それに対し敬称は差出人からみて相手がどのような関係であるかを表すものです。

つまり、会社などの個人に宛てるときは、社名や部署名には敬称を付けず、名前にのみ敬称を付けるようにしなければなりません。

敬称の書き方で気を付けるべきポイント一覧

郵便での敬称の書き方は、以下のポイントに注意しましょう。

■一般的な敬称

・企業、団体は「御中」→株式会社○○○○ 御中

・職名は「殿」→人事部長殿

・個人名は「様」→○○様

・多数の同格の人は「各位」→関係者各位

■特殊な敬称

・銀行→「御行」「貴行」

・信用金庫→「御金庫」「貴庫」「貴金庫」

・組合連合会→「貴連合会」「貴会」

・○○機構→「貴機構」

・大学→「貴校」

以上の点に注意して、郵便の敬称も間違えないように書きましょう。宛名と同様に、間違えてしまうと相手に対して失礼にあたります。

日本語の組み合わせとしては

■役職+氏名+様

■氏名+役職+殿

が正しいと意識しておけば問題ありません。

ビジネスにおける郵便の表書きマナー

それでは最後に、ビジネスにおける郵便のマナーを見ておきましょう。

ビジネスでは、特に表書きに気を配る必要があり、この部分を正しく書けていないと、マナー違反と見られるので注意が必要です。

Message in a bottle 642267 640

縦書きなら住所の番地は漢数字で!改行する際は書き出しを下げる

ビジネスかどうかに関わらず、郵便の宛名を縦書きにする場合は、番地の数字部分は漢数字で書くのがマナーです。

また。住所が一行におさまらない場合は適度に改行を入れましょう。ただし、二行目や三行目の書き出しは、一行目の書き出しよりも下から始まるようにするのも、細かいながらも気を付けなければいけないビジネスマナーです。

郵便での正しい宛名・敬称の書き方を覚えてビジネスで失礼のない文書を送ろう!

今回は、郵便での宛名・敬称の書き方と気を付けたいビジネスマナーについて見てきました。

郵便の宛名・敬称といってもビジネスマナーを弁えた書き方にするためには、様々な点に気を配らなければいけません。

これらが1つでも欠けてしまうと、相手にとって失礼にあたる文書になりますので注意しましょう。

また、縦書きなら住所の番地は漢数字で書く、改行する際は書き出しを下げる、など細かい部分にまで気を配れば、より良いといえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス