スーツをサラリーマンは何着持つべき?必要な数と手入れの頻度

サラリーマン

ローテーションをまわすのにスーツは何着必要か

Men 683655 640

サラリーマンなど出勤はスーツ着用と決まっている職業の場合、最低何着ほどのスーツを持っていれば安心してローテーションできるのでしょうか?また、実際にそういった職種の方は、何着ぐらいのスーツをローテーションでまわしているのでしょうか?

毎日外回りなら夏・冬それぞれ最低3着は必要

サラリーマンが何着スーツが必要かは、職種にもよるようです。まずは、毎日外回りをする職種のサラリーマンの場合ですが、季節毎に3着持っていれば安心してローテーションできるでしょう。スーツが3着あれば、1着クリーニングに出している時に、着ている1着をもし汚してしまったとしても、もう1着持っていればローテーションに困ることはないです。

ちなみに冬用のスーツと比べ、夏用のスーツの方が生地が薄く、汗汚れのため長持ちしないようです。毎日外回り等でジャケットが必須である場合、最低限3着持っておけば安心と覚えておいてください。

内勤業務が多い仕事なら季節毎に最低限2着あれば大丈夫

外回りよりもデスクワークが多い職種であるならば、最低限スーツは2着あれば良いと言われています。室内ではジャケットを脱いでカーディガンを着たり、ワイシャツ・ネクタイのままで問題ないはずですから、最低2着あれば着回しに問題はないと思われます。

2着あればローテーションはできますが、クリーニングや汚してしまった時のことを考えると、スーツは3着あった方が安心できると思います。サラリーマンが何着スーツが必要かは、職種にもよって異なるようです。

通勤用のスーツの他に礼服を用意しておく

スーツにも様々な種類があります。社会人として、通勤用のスーツの他に持っておくべきスーツがあります。それは冠婚葬祭用のスーツ、礼服です。何着かの夏用のスーツ、冬用のスーツに加えて、礼服を用意しておきましょう。

社会人になると冠婚葬祭の場に出席する機会が増える

社会人になると、冠婚葬祭の場に出席する機会が増えます。いつ冠婚葬祭に呼ばれても困らないように、スーツの他に礼服を準備しておきましょう。真っ黒なスーツを着て冠婚葬祭に出席する人もいますが、そういった式には礼服(ブラックフォーマル)を着るのが正しいマナーです。

黒のスーツとブラックフォーマルでは、黒の色味が違いますし、生地も異なります。室内では大きな色の違いは分からなくても、外に出て太陽の陽にさらされるとその差は一目瞭然です。ブラックフォーマルは真っ黒なのに対し、黒スーツは濃いグレーのように見えてしまいますので、注意してください。

スーツに関する疑問について

ローテーションに最低限必要なスーツは何着か、礼服の必要性などについて説明してきました。参考になったでしょうか?最後に、スーツに関する疑問についてです。サラリーマンになった後のスーツの色の選び方と、スーツのクリーニングの頻度について解説しましょう。

Taitaitaitai

黒のスーツは2年目以降は変えるのがベター

就活では黒のスーツが基本ですが、黒のスーツというのは葬式用か就活用に見えてしまうため、社会人2年目以降は黒以外の色のスーツに変えるのがベターです。チャコールグレーや濃紺など、派手すぎない色のスーツが良いでしょう。これらの色のスーツは、紳士服店でもおすすめしているようです。

また、就活では黒で無地のスーツを推奨していましたが、社会人になってしばらくしたらストライプ柄のスーツに挑戦してみましょう。無地のスーツに比べて、オシャレでこなれた印象になります。

スーツは1ヶ月に1度クリーニングに出す

サラリーマンはスーツをどれくらいの頻度でクリーニングに出すべきか、悩む人もいるのではないでしょうか?スーツをクリーニングに出す頻度は、季節や汚れ具合、スーツを何着持っているかにもよりますが、だいたい1ヶ月に1度、クリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニングだけでなく、日頃の手入れも重要です。その日に着用したスーツは帰宅したらしまう前にブラッシングをして汚れを落としましょう。スーツを長持ちさせるためには、日頃の手入れとクリーニングが大切です。最近では洗濯機で洗えるスーツも増えていますので、スーツを購入する際には洗濯方法に注目して選ぶのも良いでしょう。

サラリーマンはスーツのローテーションをまわすのに最低3着必要!1ヶ月に1度はクリーニングに出す

サラリーマンはスーツを最低何着でローテーションするべきかについて、ご説明してきました。職種にもよりますが、スーツは季節ごとに3着ずつあると安心です。通勤用のスーツの他に、社会人として礼服を用意しておきましょう。

社会人になると、急に冠婚葬祭に出席することもあります。いざというとき困らないために、礼服はいつでも着れるようにしておきましょう。黒のスーツは、葬式用や就活用というイメージがあります。社会人になったら、チャコールグレーや濃紺など、黒以外のスーツを選ぶと良いです。

社会人になってしばらくしたら、ストライプ柄のスーツに挑戦してみましょう。オシャレな印象になります。スーツを長持ちさせるためには、日頃の手入れとクリーニングに出すことが大切です。だいたい1ヶ月に1度はクリーニングに出しましょう。ローテーションをうまくまわし、スーツを着ましょう。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス