昇格するにはどうしたらよい?その必要条件、メリット・デメリット

2019年8月1日昇格

昇格するにはどのような条件を満たすべきか

Gahag 0106954320 1

何よりも実績です。頑張っているけど成果が出ない、という時は目標への取り組み方に何か不足があるものです(もちろん大きな環境変化もゼロではないですが。その時はあなた以外の人も達成に苦しんでいるはず)。そのうえで満たす条件は当然会社によって異なりますが、おおよそスキル面とスタンス面に分かれます。

スキルは、結果を出していくに十分な経験や業界知識などを指します。 スタンスは、チームを率いるうえでの協働の姿勢や、新たな知見を求め行く素直さなどを指します。 これらが各社ごとの言葉になっており、場合によっては基準も明確化されているはずです。 それらを確認するには上司に昇格したいからどのようなチャレンジをすればいいか、という相談をすることをお勧めします。相談することで上司もあなたの意思を知り、またサポートを得られるようになるかもしれません。

昇格すると待遇がよくなる

昇格するメリットの一番は、手当が増えたり給料アップすることではないでしょうか。会社のしくみとして、業務的に貢献した人や能力のある人にはそれなりの地位が与えられることがあるのです。自分が今までがんばってきた成果が形となって証明されるのは、とてもうれしいことですよね。肩書きも昇格することによって変わってきます。昇格した証です。肩書きか変わったことで、周りの待遇も依然とは少し変わることもあるでしょう。

責任が大きくなりプレッシャーが増える

昇格するとメリットがある反面、デメリットも存在します。昇格することで地位や名誉も上がり、いいこと尽くしに見えますが、仕事の質が変わり大きな責任がかかってくるのです。部下が増えやるべき仕事が増えるのに対し、責任も大きくなってくるとなると計り知れないプレッシャーがあるでしょう。近年では、自分は管理職や上の立場で仕事するのは向いていない、と昇格や出世を望まない人が増えているのも事実なのです。

昇格すると給料が上がるが責任が増えてしまう

昇格するには、会社によって異なりますがスキルやスタンス面が条件になることがあります。結果を出すための十分な知識や経験、チームを率いるために力を合わせる姿勢などが昇格には必要になってくるのです。昇格するにあたり、給料がアップするメリットや責任が増えてしまうデメリットもあります。性に合っていればメリットになる仕事の質の変化ですが、デメリットと感じる人もいるようです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月1日ビジネス

Posted by BiZPARK