飛び込み営業で名刺交換をしてもらうコツ

名刺, 飛び込み営業

飛び込み営業は相手が忙しい時分を避ける

A0003 001880

まずは「相手の忙しい時期や時間帯を避ける」ようにするのが名刺交換につなげるためのコツです。そのほうが相手にも迷惑にならず、飛び込み営業でも名刺交換をしてもらえる可能性が高くなります。では、どんな時期や時間帯が忙しいのでしょうか。

年度末や決算期は忙しいので避けるのがコツ

多くの会社は年度末や決算期などは業務が立て込んで忙しくなります。またその業界特有の事情で忙しい時期もあるでしょう。それらを考えたり調べたりして、その「忙しい時期は極力避ける」ことが賢明です。そうすれば、飛び込み営業が成功し、名刺交換もしてもらえるでしょう。

日中は忙しい可能性があるので避けるのがコツ

会社や仕事内容にもよりますが、日中は会議や顧客対応などで、相手のスケジュールが埋まっている可能性が高いでしょう。そうした「忙しい時間帯をなるべく避けて」往訪する方が、相手の迷惑にもならず、こちらも効率的に飛び込み営業ができ、名刺交換へとつなげることが出来るでしょう。この二点のコツをよく踏まえてみてください。

飛び込み営業はコンパクトかつ印象に残る資料を作って渡す

飛び込み営業である以上、じっくり話を聞いてもらえる確率は元々低いでしょう。それでも「コンパクトかつ印象に残る資料」があれば、それが目を引いて名刺交換してもらえる確率が高くなります。このように飛び込み営業は視覚に訴えるのがコツです。

図やグラフを盛り込んだ資料を準備するのがコツ

突然きた人に膨大でわかりにくい資料を見せられても、相手は見る気もしないでしょう。自社のサービスや提案内容を1枚の資料にまとめ、図やグラフを盛り込みながら、「コンパクトで分かりやすい資料」を作って見せましょう。そうすれば話を聞いてもらえ、名刺交換へとつながるでしょう。

相手のニーズを把握した資料を準備するのがコツ

わかりやすいことは大切ですが、それだけでは相手に訴えるものがありません。事前に相手のニーズを予測しておき、自社だからこそそれに応えられるということをアピールする資料を作りましょう。そうすれば「相手の印象に強く残り」次につながり、名刺交換の可能性も高まります。

飛び込み営業ではいきなり売り込む話をしない

飛び込み営業で行っている以上、相手はこちらのことをよく知りません。そこで「いきなり売り込む話はしない」ようにし、まずはこちらの存在を知ってもらう事からはじめましょう。ここでは役に立てることを伝え、印象を良くすることがコツです。

はじめに自社の内容を伝えることがコツ

用意した資料を使うなどして、まずは「自社の存在を知ってもらう」ことを重視しましょう。売り込みたい気持ちを抑え、相手の立場になって考え、こちらがどういう会社で何ができるのかを知ってもらうことが、名刺交換につなげるコツです。

いつでもチカラになることをさりげなくアピールすることがコツ

自社の存在を知ってもらうことを大前提ですが、もちろんそれだけでは不十分です。相手が困っていることに対し、こちらがいかに役立てるかといつでも対応できるという部分を、さり気なくかつしっかりとアピールしておきましょう。

飛び込み営業では忙しい時分を避けわかりやすい資料と自社の説明をすることが名刺交換につながるコツ

以上、飛び込み営業で名刺交換をしてもらうコツでしたが、いかがだったでしょうか。このように、飛び込み営業で名刺交換してもらうには、とにかく相手の立場になって行動することがコツです。忙しい時期や時間帯は避け、コンパクトかつ印象に残る資料を用意し、こちらが役に立てる存在であることのみアピールしておくとよいでしょう。そうすれば、相手は好印象を持ってくれて、飛び込み営業でも名刺交換はしてもらえる可能性が高くなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス