新入社員の名刺入れの選び方と名刺交換時の正しい使い方

名刺, 親友社員

社会人にとって名刺入れはそんなに必要なの?

Business card holder 686724 1280

名刺は、社会人の必須アイテムといっても過言ではありません。そのため、その名刺を収納する「名刺入れ」も自ずと必要となってくるわけですが、ではなぜ名刺入れじゃないとダメなのでしょう。

手帳や財布じゃダメなの?と名刺入れの必要性に疑問を抱いている方のために、その理由を説明したいと思います。

名刺はその人の顔!名刺入れに収めて丁重に扱おう

社会人にとって、名刺はその人の顔とも言われています。そのくらい重要なアイテムなのです。そんな名刺を頂いて適当に手帳や財布に入れるというのは、ビジネスマナーとして最低です。

その上、折れたり、無くしたりしてしまっては今後付き合いがなくなってしまう可能性だってあるでしょう。そのため、名刺入れという名刺専用の収納アイテムが必要なのです。

名刺交換のスマートな振る舞いのためにも必要

社会人の恒例行事である名刺交換ですが、その際に手帳や財布に名刺を入れておくとかなり手間になるうえ、大きな動きになっています。名刺入れに入れておけば、スムーズに取り出せますし、軽量ですので所作がスマートに見えるでしょう。

このちょっとの違いが、できる社会人、できない社会人の評価につながるのです。手帳や財布に名刺を入れるのは、予備など万が一のときだけのために留めておきましょう。

社会人に必須の名刺入れ!失敗しない選び方は?

社会人にとって、名刺入れが重要な品物ということは理解していただけたでしょうか。

名刺交換は、ビジネスマナーの一部でもあります。その際、相手は必ず名刺入れを見てくるでしょう。相手に悪い印象を与えないよう、どういった点に注意して名刺入れの選び方をしたら良いのでしょう。

見た目は黒か茶色のシックなデザインの革が◎

社会人で、名刺入れを持つなら基本は革素材です。色は黒や茶色、グレーなどのシックなものが良いでしょう。奇抜なデザインやブランドのロゴが目立つようなものは避けてください。

ただ、職種や業種によっても多少許容範囲が変わってきますので、先輩社員や客先の名刺入れを参考に選んでみましょう。

機能的には自分の名刺と相手の名刺を分けられるものを

機能を考慮した選び方をすると、あまり凝ったものは必要なく、自分の名刺と相手の名刺を分けて入れられる程度の機能があれば十分です。二つ折りタイプの名刺入れが無難でしょう。

パスケースや小銭入れなどがついている名刺入れもありますが、ゴチャゴチャついているのはあまりカッコいいものではありません。名刺入れは、名刺入れの機能のみがあるものをお勧めします。

できる社会人になろう!名刺交換での名刺入れの使い方

社会人として恥ずかしくない名刺入れの選び方が分かったのなら、次はその使い方です。名刺入れの印象が良くても、社会人として名刺交換の礼儀がなっていなくては話になりません。

できる社会人は、名刺交換の際にどのように名刺入れを使っているのか見ていきましょう。

Business card holder 686723 640

同時に名刺を差し出す際は名刺入れをお盆代わりにする

名刺交換で名刺を渡す際、そして受け取る際は両手を使います。

しかし、お互いが同時に名刺を差し出して交換する場合には両手で受け取ることができないため、名刺入れをお盆の代わりにし、右手で渡し、左手で受け取るようにしてください。

会議中の場合は頂いた名刺を名刺入れの上に置いておく

名刺交換で頂いた名刺はすぐにしまってはいけません。会議中、商談中は自分の名刺入れの上に置いておくようにしてください。

先方が複数いる場合は、最も役職が高い人の名刺に使います。また、その他の人たちの名刺も相手の席順に合わせてテーブルの上に並べるようにしてくださいね。

社会人にとって名刺入れは必須!シックな革製のものを選んで正しい使い方をしよう

名刺入れの選び方、使い方で社会人としてのレベルは大きく変わります。

名刺はその人の顔とも言われていますので、丁重に扱わなければなりません。そのために、名刺入れは必要不可欠ですし、名刺入れの選び方も気をつける必要があります。

名刺交換でも、適切な名刺入れの使い方がありますので、これを機に覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス