名刺を面接でもらったら?転職で知るべき受け取り方マナー

名刺

面接で名刺を出されたときの受け取り方とは?

Business card 427513 1280

面接においても、名刺をもらう場面は度々あるようです。就職活動や転職活動では名刺交換のビジネスマナーを身につけなければいけません。

転職者の場合は、すでにビジネスパーソンとして名刺をもらう経験をしているはずですが、名刺の受け取り方や渡し方に不慣れな人や、名刺交換の正式なマナーを案外知らないことも多いです。面接で名刺をもらった時の対応を考える前に、まずは名刺の受け取り方のマナーを復習しましょう。

名刺のもらい方は両手で受け取ってお礼を言う!過度なお辞儀はNG

面接で名刺を出されたときは必ず両手で受け取り、面接で名刺をもらったら「ありがとうございます。頂戴いたします」と言いながら、丁寧に一礼して名刺を受け取るのが正しい受け取り方です。

名刺の受け取り方でやりがちなのが、ペコペコお辞儀をしながら名刺をもらうことです。このような名刺の受け取り方は面接管へ卑屈な印象を与えるNGなもらい方です。

なお、通常の名刺交換は目下の者から先に差し出すのが原則ですが、転職の面接というシーンでは、先方が名刺を差し出したら、素直にもらうようにしましょう。

そして繰り返しになりますが、面接で名刺をもらったらしっかりとお礼を伝えましょう。焦っていると案外、面接で名刺をもらったらお礼をするというのを忘れるという人も多いです。

面接中はテーブルの右端に名刺を置くのがマナー

面接で名刺をもらったら、その受け取った名刺は面接中、テーブルの右端に置き、面接が終わってから名刺入れにしまうのがビジネスマナーです。面接でテーブルがなければ、面接で名刺をもらったら内容をひと通り目で確認して(ここがマナーのポイント)、名刺入れにしまいましょう。

面接では前職や現職の名刺を渡すべき?

Job interview 437026 640

転職の面接で名刺をもらう場合の受け取り方と、面接で名刺をもらったらテーブルの右端に置くマナーを紹介しました。ただ、面接で名刺をもらったら、多くの人が迷うのが「名刺交換をすべきなのかどうか」でしょう。

通常のビジネスシーンでは、相手から名刺をもらうなら、こちらも名刺を渡すのがマナー。では、転職の面接で名刺をもらう場合は、どう対応すればいいのでしょうか。

前職の名刺を面接で出すのはマナー違反

面接で名刺をもらったらどのように対応すればいいのでしょうか。すでに前職を辞めて転職活動をしているのであれば、前職の名刺を渡すのは完全にNGです。「なぜ辞めた会社の名刺を持っているの?」と思われてしまいます。

現在勤務中の会社の名刺も渡さないように!

現在勤務中の会社の名刺も渡さないほうが無難です。転職活動は、あくまでも一個人として行っています。にもかかわらず現職の名刺を差し出すと、「私はこういう組織に属し、こういう肩書をもって転職活動しています」というニュアンスになってしまいます。

先方から求められる可能性もあるため現職の名刺も携帯する

とはいえ、先方から名刺を求められる場合もありえますので、現職の名刺は念のため携帯していたほうがいいでしょう。履歴書の職歴を名刺で確かめるという意味もあるのです。名刺を求められたときは、「会社の名刺しか持ち合わせておりませんので」とひと言添えて渡すといいでしょう。

名刺の受け取り方で困らない方法とは?

Business card holder 686723 640

面接で名刺を受け取ったら、前職や現職の名刺を渡すべきかどうかはおわかりになりましたでしょうか。このように、転職の面接で名刺をもらうときの対応はなかなか複雑です。

「面接で渡される名刺は受け取るだけでOK」が原則とはいっても、「それでは受け取った名刺はどこにしまえばいいのか」という問題も生じます。名刺入れを携帯していないと、しまう場所に困るでしょう。

「名前・住所・連絡先」を書いた転職用の個人名刺を作ろう

面接で名刺をもらうとき、困らないためにオススメしたいのが「個人名刺」。在職中の人も、会社の名刺とは別に、転職活動用に個人名刺を作りましょう。

もちろん肩書は書かずに名前だけを書き、自宅の住所、電話番号、携帯電話番号、メールアドレスを書き添えます。これなら「あくまでも一個人として転職活動を行っている」というアピールになりますし、名刺を差し出されたとき、一方的にもらうだけではなく、交換することができますよね。

名刺の受け取り方は両手でお礼を言いながら!面接前に個人名刺を作るのがおすすめ

転職活動で心得ておきたい「面接で名刺をもらったらどうするか」受け取り方のマナーを見てきました。就活の面接で、面接官から名刺をもらう際の受け取り方は両手で受け取り、もらったら面接が終わるまでテーブルの右端に置いておくのが正しい受け取り方です。

また、転職活動用の個人名刺を作ると、面接で名刺をもらったらスムーズな対応ができてオススメ。個人名刺を持っていると、面接以外のシーンでも何かと重宝するはずです。転職活動の際は、新卒の就活とは違う、ビジネスマナーに則ったスマートな名刺の受け取り方、交換が重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年11月10日転職