入社1週間で退職したいと思ったときの対処法

退職

入社1週間で退職を考える原因は主に2つ

Guess attic 837156 640

昔は入社すると、会社のために一生懸命働くという人が大多数でした。しかし時代の流れとともに、個人の働くことに対する考え方も変わってきました。入社1週間という早いタイミングで「辞めたい」と感じるのはなんでなのでしょうか?多くの人に共通する、辞めたい原因は主に2つです。

辞めたいと感じる理由①:理想と現実のギャップから

辞めたいと感じる理由の代表的なものは、理想と現実のギャップに耐えられない事です。

それゆえ、自分の想い描いていた仕事内容とは全く違うといったギャップに苦悩して、退職を考える会社員も多くなっています。予想外の業務に納得が行かず、入社1週間でも退職を考える動きが増しているのが現状です。

華やかなビジネスライフを想像していたのに、自分がやりたい仕事がない…なんて状況になったら、なんとなく辞めたいと感じてしまうのも、少し共感できますよね。

辞めたいと感じる理由②:長く勤めるのが必ずしもメリットにならないため

近年の若者に関しては、会社に対する想いより自分の生き様を貫き通すのが当たり前になっているようです。

「自分にこの会社は合わないから辞めてしまおう」。わりと簡単にそう考えて退職してしまうのが、一般的となっているのです。また、雇用が不安定であったり、先輩社員を見て将来が暗いと思ってしまったりする場合もあるようです。

入社1週間で退職したいと思ったら?

早い人であれば、入社後1週間も経たないうちに辞めてしまいます。入社して1週間位というと、社内で研修を受けている時期ですよね。この1週間の研修で、あまりにも厳しい現実や仕事に対するやりがいの無さに直面し、退職という道を選んでしまうのです。

しかし入社して1週間では、まだまだ会社のすべてを知り尽くしているとは言えないはず。入社1週間で退職という早まった行動をとるよりは、もう少し考えたうえで結論を出すのが妥当です。ただ、会社側が明らかな法律違反をしていたり、上司にパワハラなどを受けたりしたのであれば、話は別です。

辞めると決断する前に上司に相談してみよう

入社して間もなく、「この会社ではやっていけないから明日にでも辞めたい」と申し出る人も少なくありません。しかし社会人として、今日明日で即座に退職したいというのは、あまりにも考えが甘いです。

本来退職を考えるなら、ある程度前もってその意志を伝えるべきでもあります。

しかし入社1週間の研修中の身であれば、上司がイチから仕事内容を教えてくれているにもかかわらず、すぐに辞めると言うのは上司の教えを無駄にしてしまうのです。まだ少しでもその会社に望みがあると思ったら、退職という決意をする前に上司に相談してみるのも1つの解決策です。

就業規則によっては入社1週間で退職できない可能性あり

Pak93 heyadehitoribocchi20140322500 thumb 815xauto 4344

会社によっては、入社時に就業規則の書かれた用紙を手渡されるでしょう。退職に関する規程を承諾したうえで署名をしているのであれば、退職をすぐには認めて貰えない可能性もあります。

たとえば「退職の旨は1ヶ月前に伝える事」などと書いてある場合です。その際はきちんと上司と話し合って退職の意志を伝え、今後の指示を仰ぎましょう。

入社手続きの状況次第では退職が認められる場合がある

入社してすぐに雇用保険や年金などの手続きを開始してしまっている企業もあるでしょう。これらが行われてしまっていると、さっさと辞めてしまうのは実に迷惑な話でもあります。もしも退職の意志があって、まだ各種手続きが行われていない状況であるのならば、すぐに退職させてくる可能性は高いかもしれません。

入社1週間で退職したいと思ったらまずは上司に相談!仕事を辞める際は慎重になった方が良い

入社して1週間で退職したいと思ってしまう原因や、その対処法について見てきました。

入社1週間で退職するというのは、会社側にとっては大変迷惑な話です。しかし本人にやる気がないのであれば、何も言えません。合わなければすぐに辞めてしまえばいい。

そんな安易な考えを持っている社会人が増えているのが現状です。しかし、早すぎる退職は次の就職にも響きます。後悔しないためにも、簡単に結論を出さずに、上司ともよく相談してから退職を決めても遅くはないはずです。仕事を辞めたいと感じた場合も、早計に判断するのではなくて、辞める事によるリスクも考慮して判断しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年11月10日転職