70歳からの生き方のポイントと老後の生活の準備

70歳, 老後

老後を疎かに生活していると70歳からの生き方が窮屈

Gf01a201503270000

ハローワークに行ってみると、明らかに70歳を超えているのに仕事を探していて面接を申し込んでいる男女がいます。生きがいを求めて働くのではなく、生活苦で仕事を探す人も急増中と言われます。晩婚化が進み、子供の教育費や住宅ローン、老親の介護費用などが重荷に感じる年代が後へ後へとずれこんでいるからです。つまり、老後の生活を考えずにいると70歳からの生き方が非常に窮屈なものとなってしまうのです。

70歳からの生き方を充実させるには長期的なマネープランを

70歳からの生き方を充実させるには長期的なマネープランが欠かせません。最近では90歳近い人がファイナンシャルプランナーのところへ「老後の資金が心配です…」と言って相談に来るそうです。65歳の時点で2000万円の退職金を手にしていたとしても、うまく貯めておかなければ男女ともに90歳くらいまで生きる今には対応できないのです。70歳からの生き方を仕事やお金の面から安心できる内容にするために今の生活で老後に向けた勉強や努力が必要と言えます。

70歳からの生き方を左右するのは人間関係

70歳からの生き方を左右するのは人間関係の豊かさでしょう。“友達の数と寿命は正比例する”という本もありました。誰かが助けてくれなければ、自分が自由に生活するのが次第に困難になっていくケースも増えていきます。

老後の生活を続けていくには軽い運動や認知症予防は必須

男女ともに老後の70歳を過ぎると心身どこか不調がつきまといます。足腰が弱ってひとりで街を歩けない人も増えるでしょう。老後に老人ホームに入居できる人はいいですが、そうでない人の場合はなるべく自立した生活をしていかなければいけません。老後の70歳からの生き方では、男女ともに自炊スキルを磨くようにしたいですが、高級な料理でなくても素朴で薄い味付けに慣れておきたいです。軽い筋トレやウォーキングは認知症やがんの予防にもなります。

70歳からの生き方では特に笑顔や感謝が大事

70歳からの生き方では生活の質に注目します。病身でうまく動けない人もいるかもしれません。しかし“今日一日は感謝をして笑顔で過ごそう”と決めて実行しようとするだけで前向きなパワーがでますね。「和顔施(わがんぜ)」という言葉がありますが、“周囲の人に笑顔を振りまく”という仏教の教えです。ただいつもニコニコしていなさい、という修行ですが、実はこれが一番難しいかもしれません。

感謝の気持ちが一番ダイレクトに伝わるのが笑顔

70歳からの生き方では「感謝」がキーワードになります。“あなたがしてくれることに感謝します、助かっています”という感謝の気持ちが一番ダイレクトに伝わるのが笑顔であるとも言えます。笑顔を鍛えましょう。それからなるべくネガティブな言葉は口にしないことにしましょう。

老後への準備や70歳からの生き方次第で生活の充実度が変わる

老後に向けてお金の準備や、70歳からの生き方次第で生活の充実度が変わります。70歳からの生き方では、軽い運動や認知症予防から、感謝を伝えるための笑顔の練習、良好な人間関係などが大切です。みなさんもこの記事を参考に老後の生活をより充実させるためにも、今から準備しておけることはしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職