客室乗務員を辞めたいと考える退職理由3つ【CA】

客室乗務員, 退職

客室乗務員(CA)の仕事の現状は楽じゃない

Imaric20160805210023 tp v

普通に会社勤めをしていても、何らかの理由で退職することは別に不思議なことではないでしょう。実は女性の花形職種である客室乗務員(CA)の仕事も例外ではなく、毎年かなりの人数が退職します。

CA退職の理由は人によって様々ですが、どのような理由で辞めるというのが現状なのでしょうか?では、客室乗務員を辞める理由について、詳しくみていきましょう。

客室乗務員を辞める理由①:結婚・出産のため

CAに限らず女性が仕事を辞める原因として多いのは、やはり結婚や出産という理由が多いようです。女性にとっては人生における一大イベントですから、言うまでもなく重要です。

結婚や出産を機に退職する人が多いというのも頷けます。まして客室乗務員の仕事は楽ではありませんから、結婚後や出産後も続けるというのはそれなりに大変でしょう。というわけで、CAを辞める理由としてもっとも多いのは結婚や出産という結果になりました。

結婚や出産を機に退職するのはCAに限った話ではない

女性にはどうしても、結婚、妊娠、出産という人生の大きなイベントが付きまといます。自分一人の勝手ではどうすることもできない事が出てきてしまうのです。自分ではまだまだ仕事を続けたいと思っても、家族ができると、客室乗務員として長期のステイには出にくくなります。

また妊娠、そして出産をするとどうしても家族と離れる事が多くなり、それができない事情の人もいるので客室乗務員の仕事では退職者が自然と増えてしまうのです。

結婚してもやめなかったとしてもやはり次は妊娠を機会に退職を決める人もいます。出産後復帰する予定でいたとしても、子供ができてしまうとやはりここで退職を決める人もいます。

客室乗務員辞める理由②:転職や起業するため

客室乗務員(CA)は華やかな仕事の代表格としても世間では知られていますが、仕事の現状はそう楽なものではありません。客室乗務員は若い女性が多いイメージが強いですが、それは裏を返せば、年配の女性が働くには厳しい環境であるという事が言えます。

CAで経験を重ねた後に、異業種に転職したり、あるいは自分のやりたい事をやろうと起業する人も多く居ます。皆そうしてキャリアアップを目指していくのです。

客室乗務員には野心家が多い

客室乗務員の仕事をしていると、仕事を通じて色々な人と出会い、関わる機会が増えます。実際に「フライト中に起業家と出会って、接客の中で色々な話を聞いているうちに、自分も独立して働きたいと思った」というCAの意見も独自調査で得られました。

このように、客室乗務員は色々な人と関わり視野が広がるぶんだけ、独立するという考えも芽生えるみたいです。また、客室乗務員はそういった独立精神を持っている人が多いみたいです。

客室乗務員辞める理由③:やりがいが無い

仕事におけるやりがいは、非常に重要です。今の仕事にやりがいが無いと感じた瞬間に、仕事へのモチベーションはガクンと下がり、退職の二文字が頭をよぎってしまいます。

そして結果的に辞めるという選択をしてしまうCAも少なくありません。仕事のやりがいは自分で探すものだとも言いますが、長時間勤務で空の上を飛ぶCAの仕事は過酷そのもの。その中でモチベーションを維持するのも大変なのかもしれませんね。

理想とのギャップを感じる人が多い

こちらも独自調査で得た、客室乗務員のリアルな声。

「国際線で海外も行けていいなと思いましたが、実際の仕事はウェイトレス。ウェイトレスが悪いという事ではなくて、将来私はずっとウェイトレスは嫌でしたので辞めました。」

このように、客室乗務員になる前と、実際に働き出してからのギャップや現実感に、CAの仕事の魅力が感じられなくなり退職される方が多いみたいです。

客室乗務員をめぐる現実とは?

契約制が導入されて以来、CAの勤続年数は減り続けているように感じられます。昔より条件が厳しくなっていますから、体力的にも精神的にも辛くなって早めの退職、または転職をする人も多い現実となっています。

あれだけ憧れて入社したのに、3年も経たない内に仕事に対する悪口を言いながら、他社の経験者採用に応募する人も跡を絶ちません。

客室乗務員の仕事が天職と思える人は一握り

実は客室乗務員の仕事が面白くないから、仕事のやりがいを見つけられなくなってしまうほど客室乗務員の仕事は大変だから、3年も在職したらもう客室乗務員で働くのは十分だわ、と思ってしまうほど疲れてしまうのでしょう。CAが天職、一生の仕事と思える人はほんの一握りみたいです。

客室乗務員(CA)の仕事を天職と思えるのは一握りで退職理由はさまざま

客室乗務員の仕事の現状と退職理由の情報を紹介してきましたがいかがでしたか?CA聞くと、華やかな仕事の代表的な存在として知られていますが、実際に現場で働いている女性には色々な苦労が絶えないようです。

過酷な労働条件に根をあげて客室乗務員を辞めたいと退職してしまう人もいれば、女性ならではの理由で辞める人もいます。あるいは退職後、次のステップに進むための退職する人も居ます。就活生でCAの仕事に就きたいと考えている方は、参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月5日転職