飛び込み営業の成功率UPが狙える時間帯とNG例

2016年11月29日飛び込み営業

訪問営業・飛び込み営業に適した時間帯とは?

Businessman 449927 640

訪問営業は一般家庭を対象、飛び込み営業は企業を対象として説明します。

まずは訪問営業・飛び込み営業に適した時間帯について説明しましょう。訪問営業・飛び込み営業に適した、断られにくい時間帯とは何でしょうか?

企業・家庭ともなるべく迷惑にならない時間帯

相手になるべく迷惑をかけない時間帯に訪ねるのが訪問営業・飛び込み営業のマナーです。迷惑をかけない時間、つまり忙しくない時間帯を指します。

それではどのような時間帯だと、訪問営業・飛び込み営業で訪れても相手に迷惑にならないのでしょうか?

訪問営業・飛び込み営業が失敗する時間帯

次に訪問営業・飛び込み営業が失敗する時間帯について説明します。訪問営業・飛び込み営業が失敗する時間帯には、きちんとした失敗する理由がありました。

失敗する時間帯①:お昼休み

お昼休み中などは時間があるように思えますが、相手の食事中や空腹時に営業をするために訪問しても、不愉快な思いをさせてしまうだけです。マナーとして、お昼時の訪問営業・飛び込み営業は行わないようにしましょう。これは一般家庭も同じです。

失敗する時間帯②:就業開始や終了時間直前

企業の就業開始直後に飛び込み営業をしても相手に迷惑がかかるだけですし、相手の「今から仕事するぞ!」と思っていた気持ちに冷や水を浴びせるようになります。また就業終了時間も「一日が終わった」という気持ちを台無しにさせてしまいます。

訪問営業・飛び込み営業に最適な時間帯

最後に訪問営業・飛び込み営業に最適な時間帯について説明します。

訪問営業・飛び込み営業に適した時間帯を把握し、その時間帯に営業をして営業実績向上を目指しましょう!

Lgf01a201305231700

一般家庭の場合は10:30~11:30または13:00~16:30

訪問営業に最適な時間帯は10:30~11:30または13:00~16:30です。特に11時や14時、15時に訪問営業するのがいいでしょう。なぜならこの時間帯は、一日の中で一息つけることができる時間帯だからです。朝や夕食時よりも忙しくなく、余裕があるため断られにくいのです。

企業は業種によるが就業開始1時間後がベスト

飛び込み営業に最適な時間は、企業の業種によって異なります。その中でも午前中なら始業時間から一時間は経った時間帯が良いとされています。また午後は13時から15時までが適切な時間帯を言われています。

飛び込み・訪問営業は相手が一息ついて余裕がある時間帯に訪ねるのがベスト

訪問営業や飛び込み営業で断われにくい最適な時間帯について説明しました。

このように訪問営業と飛び込み営業の適切な時間帯は、午前中と午後にあります。この時間は一般家庭も企業も一息つき、比較的余裕のある時間帯のため、断られにくいのです。

焦らず相手の気持ちを考えて営業することが成功する秘訣と言えるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK