会話に困る人必見!仕事で使えるテクニック

コミュニケーション

会話に困るならある低度の準備が必要

Job interview 437026 960 720

仕事中のちょっとした会話に困る人の多くは、話題の準備が足りないケースが多いです。会話が上手い人というのは、ただ天才的に会話が上手いわけではありません。もちろんそういう人もいますが、その多くが会話の準備をしているのです。したがって、会話に困ると分かっているなら、しっかりと準備をしましょう。では、その準備には何をすればよいでしょうか?

男女別に定番の話題を用意しておく

男女ともに、定番の話題というのはあるものです。たとえば、男性ならばスポーツの話は定番と言えます。どんな男性でも1つは好きなスポーツがあるでしょうから、それを話題にするのです。また、女性ならばテレビや映画の話などが良いでしょう。ドラマやバラエティー映画などのエンタメ情報は仕入れやすいですし、会話もしやすいはずです。こうして準備をすれば、会話に困ることはなくなるでしょう。

体験談を用意しておくと会話に困ることはない

会話に困る人がするべき準備としては、そうした男女別の定番の話題を抑えるだけではなく、自分の体験談をたくさん用意しておくのも良いでしょう。自分の体験談とは、いわゆる芸人さんがしているようなエピソードトークです。そうしたエピソードトークであれば、定番の話題がうまくはまらない時でも、誰もがきちんと食いついてくれるでしょう。

面白おかしく話さなくても良い

それは別に、面白おかしく話さなくても良いのです。ほっこりする話でも良いですし、悲しい話でも良いでしょう。なんでも良いので、自分の体験談を用意しておくのです。それならば、多少会話が上手でない人であっても問題なくやっていけるでしょうから、仕事中のちょっとした会話に困るなら、とにかくまずは体験談をまとめてみて下さい。

どうしても会話に困る場合は質問すると良い

会話に困る人は、無理に自分から話をしないのも1つの手段です。会話に困るのは、上手く言葉が出てこない時でしょうから、無理に話そうとするとかえって空回りしてしまいます。どうしても会話に困る場合は、無理に自分から話題を提供するのではなく、第一声はまず質問から入り、それからその答えを広げていくようにすれば良いのです。

相手に話してもらえれば会話も弾む

あまり会話が得意ではない、仕事中のちょっとした会話に困る人が、無理に自分から話をしようとしても、あまり広がらないケースも少なくありません。相手が協力的な人であれば広がるでしょうが、相手がそうでない場合すぐに終わってしまいます。ですから、相手に質問をして相手にたくさん話してもらうと良いのです。会話に困る人は、こういう方法もとってみると良いでしょう。

会話に困るなら徹底的な準備が大事!どうしても無理な時は相手に頼ろう

以上、会話に困る人が試すべきテクニックでした。仕事中のちょっとした会話に困る人は、準備をしっかりするか、相手に会話をしてもらうように質問をすると言うのが効果的です。理想は、やはり両方ともすることでしょう。両方やれば、より会話が広がるようになり、会話に困ることもなくなります。しかし、どうしても会話に困る場合は相手に頼るのも1つの手段です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職