目標の共有をするメリットとマネジメント術

マネジメント, 目標, 課題

目標の立て方とマネジメント

1e4afd15da8a932eca145eb3efb3ebeb s

目標を立てる時にはどのような条件を満たしているべきか、その基準を考えることから始めるとやりやすいでしょう。

そして、その際に必要なマネジメント術とは何でしょうか?

満たすべき基準をまず掲げよう

会社でまずプロジェクトの目標を設定する際に、満たすべき基準というのを考え、掲げましょう。

目標を設定する際に、基準を持つことで、目標設定の作業を行う際に、能動的に関われる効果もあります。

目標の共有をする際に、こういった基準がないと、クライアントの思いをただ整理しただけといった受動的な作業になりがちになってしまいます。

目標達成のためには段取りが一番重要

マネジメントする際には、目標達成をプロジェクトとして捉えてみましょう!

どのようなプロジェクトであっても、基本的な進め方は同じで、

「段取り→加工→熟成→評価→仕上げ」というプロセスで、ゴールへと近づいていきます。

この中で最も重要なプロセスが段取りです。

目標達成には理由が必要

目標の共有する際に、必要なことは、

「期限」「金額」「理由」

の3つです。

この中で一番重要なのは、理由です。

目標達成のために必要な理由を設定することは、自分自身を突き動かすものとなります。

社内での目標の共有は大事

社内で目標の共有を行い、その後はコミュニケーションを深めることによって、目標についての理解を高めることが大切です。

では、実際にどのような目標の共有が重要となるのでしょうか?

共有するメリット①会社の目標は私の目標だと明確になる

上司は部下に対して期待することと言えば、

「目標を持って仕事をしてほしい」

ということでしょう。

しかし、部下が上司に対して思っていることは、

「目標を示してほしい」

ということなのです。

そういう時こそ、目標を指示したり、指示されたりではなく、

目標の共有が重要となります。

たとえば、会社の目標は私の目標、というように、目標をみんなで共有することも、時には重要なのです。

もちろんこれが、自主性と動機づけに基づき、自然な形でそうならなければ意味はありません。

これこそが、目標の共有によるマネジメントです。

共有するメリット②誰が何をするかの分担をはかる

会社における、コミュニケーションの目的とは、目標の共有化された職場の目的などを達成するために、誰が何をするかの分担をはかることです。

各職場毎に、いつ、誰が、何を、どこで、どういうときになどという、コミュニケーションの仕組みとツールが具体化されてなくてはいけません。

共有するメリット③「誰もが迅速に行動できる」

価値観と目標の共有というのは全員で行うことが必要です。

ここで大切なのは、共通の価値観に基づき、誰もが迅速に行動できることです。

目標の共有を行えば、その通り道となる部分は自由となってもいいでしょう。

目標の共有をするためにできること

目標の共有をするためには、最初にチームで会議を行って、目標や課題についてきちんと話し合いをする場を設けるなどのマネジメント術が必要です。

社長が目標を提示する

Businessmen 152572 640

マネジメントをする前に、まず新設の会議やチームには、

「目的」「目標」「課題」の共有が必要不可欠です。

この3つの共有方法ですが、

「目標」は、まず指示者である社長が提示する必要があります。

もちろん、この目標をメンバーで議論し、修正を加えることは可能です。

しかし、場合によっては、

「目標」「課題」は、会議やチームのメンバーが話し合って決めるのが一番ベストなときもあります。

具体的に指し示すことが必要

「目的」を明確化するとは、

「何のための会議やチームであるか」というのをはっきりさせることです。

目的という、チームとして与えるミッションが必ずあるはずなので、これをしっかりと共有し、メンバー全員に認識させることが必要なのです。

言い換えれば、

「どんなことをやってみたいか」「具体的な着地点はどんなものか」を

「目的」として、具体的に共有、指し示すことが必要です。

「目的」のないところに、マネジメントは存在しません。

また、「目的」と「目標」の違いもあります。

「目的」というのは。達成して目指すこと柄を言い、

「目標」はその目的を実現するために設けた数字や期限などの目当てのことを言います。

目標の共有によるマネジメントは、誰もが迅速に行動できるメリットがある

仕事をする上で目標の共有を行うことはとても大切です。そのための作業をするのがマネジメントです。

目標や目的をきちんと指し示すことで、社員全員が迅速にその目標や目的に向かって行動することができるメリットがあるため、ぜひとも活用していきたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス