ビジネスマンが磨くべきスキル一覧【若手編】

仕事術

若手ビジネスマンが磨くべきスキル①言葉遣い

Fashion 601553 640

若手ビジネスマンが最初に磨くべきビジネススキルは、やはり社会人としてのマナーでしょう。

単に社会人のマナーといっても多種多様ですが、その中でもここでは、社会人として最低限の範囲で身につけておくべき言葉遣いを紹介していきます。

ビジネスマンの言葉遣いは二重敬語にならないようにする!

ビジネスという場では、会話は基本中の基本です。社内・社内問わず丁寧な言葉遣いが重要となってきます。

会話の基本は「わかりやすく」「具体的に」「簡潔に」の3つです。他愛のないおしゃべりをするのではなく、小説のように長々と結論を先延ばしにするのでもなく、相手にこちらの意図が必ず伝わるようにしなくてはなりません。

そのために重要となってくるのが「言葉遣い」なのです。「です」「ます」はもちろんのこと、尊敬語・謙譲語もうまく使うようにしてください。

二重敬語にしないコツは「1文で使う敬語は1個」を心がける

二重敬語とならないようにするコツは、「1文で使う敬語は1個」に心がけることです。つまり文末の最後に使う程度でいいのです。

丁寧にし過ぎた結果、何を言っているのか伝わらなくなってしまうといった事態にならないよう気をつけましょう。

「会社の顔」はあなた自身という認識で正しい言葉遣いを

取引先やお客様などの社外の人にとって、会社のイメージは”あなた個人”なのです。

つまり、もしもお客様に対して失礼となる態度をとったり、不快な思いをさせてしまったとしたら、その人は、あなたの所属する会社そのものに対して悪い印象を持つようになってしまいます。

逆に、丁寧かつ真摯な対応を心がければ、お客様から”優良な会社”として見てもらうのも可能なのです。

こういった認識は、これから学ぶ多くのビジネススキルを磨くための基礎にあたる部分で、他を例として挙げなくても、この意識を持つだけで自然と最良なビジネスマナーおよびスキルが身につくようになるものです。

これは、ビジネスマンに必要なスキルなのです。

若手ビジネスマンが磨くべきスキル②ヒアリング力

『相手の話をよく聞く』というのは、コミュニケーションをとる上で必須のビジネススキルです。

ビジネスマンたるもの、特に営業などでは相手の伝えたい内容をしっかりと汲み取り、話の本質を聞けないと取引や商談は成立しません。

Lig75 hiroyukidenwa1194500

ヒアリング力=物事の本質を捉えるコミュニケーション力

わからないものをそのままにしてしまったり、しっかりと聞きとらなかった挙句に何度も同じ内容を聞き返したりしていたのでは、相手の信用を得るのは不可能です。

ヒアリング力とは、ひいてはコミュニケーション力のことを指すのです。物事の本質を捉えることにもつながってくるのがヒアリング力なのです。

若手ビジネスマンは、相手の話をよく聞くように意識するのも大事なのです。

若手ビジネスマンが磨くべきスキル③論理的思考

仕事において業務やプロジェクトを正確に理解し、組み立てていく上で論理的思考は不可避のスキルです。

これは案外身につけている人は少なく、仕事ができるとされている人たちの中にもこのスキルを持っている人は多くはありません。

日常的な意見の対立はその主たる例として挙げられます。プライベートで意見の対立というのは発生しても仕方ありません。なぜならば、論理的思考の前に「感情と自分の損得」が先に入ってきてしまうからです。

しかし、ビジネスの場では中立的な思考の仕方がとても重要になってくるのです。

People 316506 640

ビジネスでは感情を抜きにして正しい結論を判断する必要がある

ビジネスマンに論理的な思考が必要なのは、損得を抜きにした共通の価値観、企業理念に基づいた思考の確立が大きな理由です。

言葉だけ見るとむずかしいように思えますが、要は「感情を抜きにした意見」を結論として正しいモノかどうか判断する力です。

トップに立つほどこの能力は必要になってくるために、若手ビジネスマンにもその重要性は知っておく必要があります。

若手ビジネスマンが磨くべきスキル④向上心

仕事に取り組む姿勢は、若手ビジネスマンにとって最も重要なファクターのひとつでしょう。

向上心は自分自身をどれだけ高めていけるかを常に求め、それを実現する能力に結び付けていくスキルです。

ビジネスマンは時に、観察力や判断力、意思の強さなど、複合的なスキルを発揮しなくてはならない場合に遭遇しますが、これは経験を重ねていくことで磨かれるものなのです。

そのためにも必要になのが「向上心」というわけです。

Lig soregaichibandaiji500s

向上心はビジネスマンに重要な「洞察力」と「判断力」を養う

前向きな姿勢を持っていれば、まず「観察力」を磨いていけます。

そして、経験を積めば「判断力」を養えます。

つまり、向上心を持っていればそこから派生して、ビジネスマンとして必要な複合的なスキルを磨くことにもつながっていくのです。

こういった意識も、ビジネスマンに必要なスキルの1つといえるでしょう。

若手ビジネスマンが磨くべきスキルのまとめ

若手ビジネスマンが磨くべきスキル一覧を見てきましたが、いかがでしたか?まず、若手ビジネスマンが何よりも先に磨くべきスキルは、言葉遣いです。

取引先・お客様・上司に先輩。また社内・社外問わず社会人として必須のスキルなのです。

こういったビジネスマナーを磨くのが、若手ビジネスマンとして能力UPへの最善の通り道です。

その他にも磨くべきスキルはありますが、「大きな山も一歩から」という意識で、焦らず今回紹介したビジネススキルを磨くことにまずは力を注ぎましょう。

たとえどれほど小さな事柄でも「真剣に取り組む姿勢」も、あらゆるビジネススキルを磨くためには必要な意識ですよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス