初対面の人と話す時に気をつけること3つ~印象良くコミュニケーションを取る方法~

コミュニケーション, 初対面

初対面の人と話す時に気をつけること①:見つめすぎない

Piggy bank 850607 1280

初対面の人と話す時に気をつけることとして「目を見て話す」というのはよく耳が痛くなるくらいに言われてきたと思います。

しかし、それは半分正解、半分間違いです。確かに目を見てしゃべるのは、真摯な印象、誠実な印象を与えられるので正しいことではあります。ただ、初対面の人と話す時というのは、ずっと目だけをみつめられて会話をすると相手もすごく疲れてしまうのです。

そして、目をそらさないのが違和感となってきて、逆に不快な印象を与えてしまうでしょう。値踏みされている感じをおぼえる人もいるようです。

目線を外して相手に緩和を与えてあげる

緊張と緩和がポイントとなってきます。

時には目線を外して、相手に緩和を与えてあげるのも、初対面の人と話す時には大切な要素のひとつといえるでしょう。緩和を与えてあげてこそ、目を見てしゃべることに効果が出るというものです。そして、目という局所的な部分ではなく、相手の「顔」を見るようにすると良いです。

初対面の人と話す時に気を付けることとして、まずこの点を覚えておいてください。

初対面の人と話す時に気をつけること②:質問の量

初対面の人と話す時には、質問を繰り返さないようにするというのも意識しましょう。

間を持たせようとしているのか、何度も質問を繰り返してしまう人がいます。質問をするのはもちろん良いのですが、インタビューかと思うくらいに質問を繰り返しているというのは、やはり良くありません。

相手にも違和感を与えてしまいますので「適度な」質問にとどめておきましょう。

一問一答形式を避けると話を続けやすい

初対面の人と話す時に、質問をしすぎないための対策として「一問一答形式でおわらせないようにする」というこ意識を心掛けましょう。

「何かを聞いたら、それについてこちらからも何かを話すようにする」ただそれだけで初対面の人と話す時に会話がすごくスムーズになり、良い印象を与えられるようになります。

初対面の人と話す時は「会話のぶつ切り」にならないように、質問に対する反応を加えてあげましょう。

初対面の人と話す時に気をつけること③:ゆっくりと話す

「なるべくゆっくりしゃべるようにする」というのも、初対面の人と話す時には有効です。

初対面の人と話す時というのは、特に緊張しているもので、知らず知らずのうちに早口になりがちです。早口でしゃべるというのは、高圧的な印象を与えることもあります。何より、焦っている感じが伝わり、自分を「できない人間」に見せてしまうとも考えられます。

落ち着きのある人物として振る舞い、相手との信頼感を築くのは今後の人間関係にとっても必要なことです。

Road 90390 1280

やりすぎるほどゆっくりでも相手は困らない

自分では「やりすぎかな?」と思うくらいにゆっくり喋っても、違和感はあまりないでしょう。

お互い緊張していることもあって、やりすぎなくらい遅いペースで喋っても、相手にはちょうど良いくらいの早さに聞こえるようです。

これは、最も簡単に取り組めますので、普段から意識して取り入れてみてください。

初対面の人と話す時に気をつけることは「落ち着いた印象を与える」

初対面の人と話す時に気をつけることのポイントについて紹介してきました。

上記の、3つに共通するのは「落ち着いた印象を与える」という部分です。

この3点に気をつけて会話をするようにすれば、不快に思われることはなくなり、好印象を与えることも増えていくでしょう。是非参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月26日ビジネス