職場での上手な気遣いのコツ

コミュニケーション

上手な気遣いのコツは「相手の気持ちを考えること」

Fe1631d971c13128

職場で上手な気遣いをするコツは、相手のことを考えることです。気遣いというのは、自分のためにするものではありません。相手からよく思われたいという気持ちが働いているうちは、本当の気遣いと言えないでしょう。

相手のことを考えた気遣いをするなら、タイミングが大切です。例えば、同僚が大きなミスをして上司に叱られたとします。そこで「気にするな」と声をかけても、叱られたことで頭がいっぱいな同僚には届きません。こういった場合には、少し時間を置いて落ち着いてから「後で一緒にお茶しようよ」と声をかけましょう。相手の状態を考慮して、適切な接し方をすることが気遣いとして大切です。

残業している部下を気遣うなら翌日声をかける

部下が残業し、自分は先に退社するといった場合、どういった気遣いが適切なのでしょうか。多くの人が「残業か。悪いけど、先に帰るよ」といった言葉をかけるでしょう。しかし、これは間違いです。また、1~2時間後に「あまり無理するな。適当なところで切り上げなさい」といったメールを送るのも、時間に追われて残業している部下にとって余計な時間を取らせるので、気遣いができているとはいえません。

したがって、メールはしないようにして翌朝に「大変だったな。何時までかかった?」とひと声かけましょう。これが職場内での気遣いのコツです。

後輩を励まし手助けする先輩の気遣いのコツ

同じ職場の後輩が、上司から新しい仕事の指示を受けているのを見聞きした場合は、どういった気遣いの仕方があるのでしょうか。まず、指示がすべて終わって上司が居なくなってから、「自分も前にやったことがある。わからないことがあったら聞いて」と後輩に声をかけましょう。上司が居ない間は黙っているのがポイントです。上司から指示を受けているときに口出しするのは好ましくありません。後輩が仕事で悩む前に、先を見越して気遣うようにしましょう。

職場での気遣いのコツは相手の気持ちを考えて先を見越して声をかけること

職場での気遣いのコツについて紹介しました。気遣いをするコツは「相手の気持ちになること」と「先を見越すこと」です。上司として部下に、先輩として後輩に、適切な声かけをするようにしましょう。また、大丈夫?と励ますだけが気遣いではありません。相手の状況にあった判断をすることが、大人の気遣いといえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月26日ビジネス