マーケティング職へ転職する際に面接で聞かれる質問3つ

2016年11月29日マーケティング

マーケティング職を希望する面接時の質問①:自己紹介や経歴

Tie 690084 1280

マーケティング職へ転職する際の面接では、まず一般的な自己紹介や経歴紹介を求められます。例えば「自己PRをお願いします」「今までどんな仕事をしてきましたか?」「どんなプロジェクトに参画しましたか?」と言った具合で質問されるでしょう。マーケティングに関する質問よりも、まずは人となりを知るための質問が多いです。こうした質問では一般的なコミュニケーション能力などをはかる質問なので、面接官に合わせながら回答をしておくようにしましょう。

「長い回答をしない・アピールを混ぜる・根拠を入れる」のが大事

一般的な自己紹介や経歴紹介などを答えるポイントは3つあります。まずは「長く答え過ぎない」ことです。「イエス」か「ノー」で答えられるなら、それ以上は答えないのがベターだと言えます。また、聞かれてもいない内容は勝手に話し過ぎないようにしましょう。そして、「アピールを混ぜる」のもポイントです。面接は相手にあなたの価値を伝える場だと言えます。マーケティング職を希望しているのなら、資格取得に取り組んでいる、勉強をしているなど積極的にアピールポイントを加えましょう。最後に「根拠を入れる」のがポイントとなります。どんなプロジェクトに参画し、何を達成したのかを数的な根拠を示すようにしましょう。それによって相手を説得しやすくなります。

マーケティング職を希望する面接時の質問②:志望動機

マーケティング職に転職を考えている人でも、転職理由や志望動機など、これから働くやる気やモチベーションも調べられます。例えば「どうして今の会社を辞めようと考えたのですか?」「あなたは弊社に入社後、どのように活躍したいですか?」といったような質問がされるでしょう。こうした質問ではやる気やモチベーションを見定めようとしています。なぜマーケティングに携わりたいのかをしっかりと考えておきましょう。

やる気に関する質問の回答はポジティブさ・冷静さが大事

やる気やモチベーションに関する質問への回答ポイントは2つあります。まず1つ目は「ポジティブに答える」ようにしましょう。本当の理由は「前職の人間関係が悪い」などかもしれません。しかし、こうした理由を伝えても、同情はされても、採用はされないでしょう。したがって、「キャリアを拓きたい」などの明るい回答をするのがポイントです。また2つ目に「冷静に答える」のも大切になります。やる気に関する質問は、感情的に答えやすくなるでしょう。しかし、けっして冷静さを失わずに答えるのが大事です。その解答の様子も含めてマーケティングの仕事に向いているのか判断されるので、ビジネスマンらしく回答しましょう。

マーケティング職を希望する面接時の質問③:専門的な知識

マーケティング職に転職する場合、その面接時点で専門知識に関する質問をされることもあります。例えば「集客率を挙げるための有効なマーケティング手段を教えてください」「コストを圧縮するために有効な手段を考えて下さい」などです。今までの経験や知識を図るための質問であり、その場で企業の状況を判断し、冷静に有効手段等を考える必要があります。

内容を理解してわからない部分は質問するのが大切

専門性に関しての質問が来た場合、回答ポイントは次の通りです。まずは、冷静に質問内容を理解しましょう。その結果、質問からは分からない部分が多く見えてきます。その部分を仮定して良いのか、それても考えなくてもいいのか等を確認していきましょう。そして答えに必要な要素を全て挙げていってから、本題の質問に答えるようにします。これによって専門性に関する質問へも対応できるでしょう。なお、専門性に関する質問は、今までの知識・技術をはかるものです。したがって、分からないことは分からないと言って教えてもらうことも大事になるでしょう。

マーケティング職へ転職する際の面接では経歴・志望理由・専門知識について質問される

マーケティング職に転職を希望するなら、面接で良く聞かれる3つの質問を確認しておきましょう。どんな試験でも聞かれそうな質問ですが、これによって適性が判断されるのです。マーケティング職への転職でも、一般的な自己紹介や志望理由などは聞かれます。ただし、専門性に関する質問を聞かれることもあるので、面接を受ける企業の事業を確認し、あらかじめマーケティングに関する知識・技術を身につけておくといいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK