販売戦略の立て方に活用できる方法論【マーケティング編】

マーケティング, 販売戦略

マーケティングとは販売戦略のこと

Executive 510500 640

企業情報をまとめていると頻繁に耳にするであろう「マーケティング」とはいったい具体的にはどのようなものでしょうか。ストレートに言うと「販売戦略」ですね。販売戦略の立て方こそが売上を上昇させ、企業としての業績をアップさせるためのとても大切なポイントです。顧客に対して商品を提供し、見返りの料金を得るための様々な準備から展開までが含まれています。

マーケティングには市場調査や広告制作も含まれる

「マーケティング」とは誰しも一度は耳にしたことがある単語でしょう。マーケティングとは販売戦略のことであり、企業の業績を成立させるために絶対になくてはならない存在なのです。基本的に、商品やサービスの提供と代金を得るための市場調査や広告制作、カタログなどの制作も含まれています。マーケティングの立て方に関わる仕事は非常に幅広く、一概に言い切れません。

マーケティングの立て方と活用術①:ベネフィットと差別化

マーケティング用語として欠かせないのは「ベネフィット」という単語です。商品を購入したことでもたらされるものを顧客は求めているため、販売戦略の立て方として、そのベネフィットを狙っていく必要があるのです。そしてマーケティングにおいて、その他の企業との差別化は非常に重要です。自分たちだけの強みをアピールし、顧客を獲得する必要があります。

価値を提供し強みをアピールする

マーケティングにおける「ベネフィット」についてもう少し深く説明します。包丁を購入する顧客が求めているのは、包丁そのものではなく、包丁によってもたらされる調理結果です。つまり、価値の提供ですね。販売戦略の立て方を考える上で、この価値を欠かさず想定しましょう。その上で、他の企業との差別化をはかり、自分たちだけの強みを発揮することが、マーケティングの成功に繋がります。

マーケティングの立て方と活用術②:セグメンテーションとターゲティング

セグメンテーションとターゲティングは、マーティングの上でとても大きな意味を持つ用語です。セグメンテーションによって顧客を分類し、ターゲティングによってその顧客を絞っていきます。この二つは、販売戦略の立て方として常にセットで行われるべきものであり、これをうまく展開していけば、他の企業との競合に打ち勝ち、高い業績を獲得できるようになります。

マーケティングの立て方にセットで活用できる

マーケティングにおいて、セグメンテーションとターゲティングは常にセットで行われるべきこととなっています。セグメンテーションによって顧客を分類して、ターゲティングによって顧客を絞ります。ターゲットを定め、そこに対してダイレクトな販売戦略を展開して事業は成功を獲得するためのチャンスにたどり着きます。戦略の立て方や狙うために分ける必要があり、分けたものを狙っていくのです。

販売戦略であるマーケティングの立て方には顧客への意識を取り込んで活用する

販売戦略であるマーケティングとは、まずは顧客のニーズや状態を意識し、理解して展開していくことから始まります。どのような事業であっても、顧客なしにして展開できるものなどないからです。販売戦略の立て方を考えて活用していく上で、自社のクオリティを高めると共に、ニーズを意識した開発と販売を行いましょう。そのためには、他社との競合もより大きな意味を持ちます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス