マーケティングマネジメントの意味と行う上で重要な点

マーケティングマネジメント

マーケティングマネジメントとは円滑に進めるためのもの

Business 437020 640

マーケティングマネジメントとは、スムーズに進めていくために管理することを意味します。計画段階から予算設定など、具体的に目標をできる限り数値化して、業務の中でチェックを続けていき、マーケティングのプロセスを支えていく仕組みが必要です。有効な情報を素早く確実に収集し、情報システムとして機能させ戦略を練ります。

業績に繋げるように管理するのが大事

マーケティングマネジメントの重要な点は、自社の商品を売ったりサービスを提供することだけが目的なのではなく、そのマーケティング活動や目標地点が組織の中でしっかりと軸化され、スムーズに展開していくことで業績に繋げていけるよう管理することにあります。マーケティングマネジメントを正しく理解すれば、企業経営の視点でも最適化を図ることができるのです。

手順や順序を正しく構築するのがマネジメントのコツ

マーケティングは、売るためや業績を上げるためだけに存在しているのではありません。購入、利用する人々から喜ばれ、本来の役に立つという本質を企業は念頭に置いておかなければならないのです。マーケティングマネジメントでは、それらを叶えるための手順や順序を正しく構築することが、非常に重要になってきます。しっかりとしたマーケティングマネジメントの土台から組み立てていくことで、効果的な改善ができるようになるのです。

マーケティングマネジメントは基本的な流れに沿って行う

マーケティングマネジメントの、基本的な構成を見ていきましょう。これらの一連の流れをマーケティングマネジメントでは行っていきます。

①マーケティング戦略として情報収集や調査、分析などのリサーチ

②顧客層をグループ化するセグメンテーション

③細分化した層から価値やニーズを確認しターゲット層を絞り込む

④自社の商品やサービスの位置づけを明らかにして、競合などと差別化するポジショ二ング

マーケティングマネジメントではいつ・どこでなども明確にする

マーケティングマネジメントの戦略・戦術が揃ったら、実際にそれを実行するプロセスに入ります。行っていくのは誰なのか、いつ、どこで行うのか、その方法はどんなものかをはっきりとしておくことが重要です。実行の中で常に振り返り、問題点を探り、根本の原因を特定し、必要になる行動を起こし、さらに評価をしていくという段階を経ることが大切です。

マーケティングでは4Pと4Cについても考える

マーケティング戦略を考えた後は、4Pと4Cを相対的に検討するマーケティングミックスがあります。4Pは製品(Product)価格(Price)流通(Place)プロモーション(Promotion)の活用のことで、企業視点のものです。4Cでは「Customer solution(カスタマー・ソリューション)Customer Cost(カスサマー・コスト)Convenience(コンビニエンス)Communication(コミュニケーション)といった顧客視点を意味します。

円滑に進めるのに欠かせないマーケティングマネジメントでは手順や順序を正しく構築する

マーケティングマネジメントの意味と行う上で重要な点について見てきました。いかがでしたか?マーケティングマネジメントのための戦略、戦術を設定していく前に忘れてはならないのが企業のミッションです。これが明確になっていないと、目指す方向にブレのある戦略や戦術で実行に移してしまうことになるでしょう。企業のミッションに到達するための実行プロセスを組み立て、組織全体のチカラで遂行していくことが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス