販売とマーケティングの違いは正しく理解すべき

マーケティング, 販売

販売の仕事の対象は「商品」

Https   www.pakutaso.com assets c 2014 03 pak15 notepenhikkiyougu20140312500 thumb 1000xauto 4327

一般的に販売を行うのは、営業の役割と認識されています。「営業=ものやサービスを売る仕事」ということです。この販売をメインに活躍する営業の仕事の対象は「商品」と捉えましょう。

販売は「何を」売るかと考える

営業の最終目的は、顧客との売買契約の締結と言えます。まず「販売」と「マーケティング」それぞれの対象の違いを認識しなければ、正しい理解はできません。

販売の仕事の対象は「商品」。顧客に対して「何を」売るかという、商品を中心に置いて考えるのが営業です。

マーケティングの仕事の対象は「顧客」

一方、マーケティングの対象は「顧客」。この違いを知れば、絡まった糸がほどけるように、明快な答えが見えてきたはずです。

マーケティングは「なぜ」買うのかと考える

販売の対象が「商品」に対して、マーケティングの対象は「顧客」。マーケティングとは、目の前の顧客というより、市場(マーケット)に対して、消費者が「なぜ」買うのかを追究し、商品や自社の「価値」を見つけること。

簡単に言えば、マーケティングは商品が売れる仕組みを作る仕事です。このような対象をどこに置くかの違いが、販売とマーケティングの大きな違いなのです。

「販売促進」は、販売とマーケティングどちらの仕事?

Man 76202 1280

これは企業により、一概に言えない部分ではありますが、一般的な解答をここではご紹介します。販売とマーケティングの細かい仕事の違いも併せてお伝えしましょう。

「販売促進」はマーケティングの仕事である

結論から言うと、販売促進はマーケティングの仕事に含まれます。では、それぞれの仕事の中身はどうなっているのでしょうか?

■営業とは

営業の仕事は自社の商品やサービスを顧客に知らせ、購入するように促し、売り上げをもたらすこと。既存顧客だけでなく新規開拓をする場合もあります。また購入後のフォローも含まれます。

■マーケティングとは、

マーケティングの仕事は、どのような製品を、いくらで、どの販売チャンネルを使い、どう告知して売るかの一連を考えること。販売促進は、プロモーションなどにより「購買の直接的な動機付け」をすることを言います。

販売とマーケティングの違いは「対象」にある

勘違いしがちな「販売」と「マーケティング」の仕事の違いは、それぞれの対象の違いを理解することで、分かりやすくなるでしょう。

販売促進は一般的にはマーケティングの仕事に含まれます。これから職種を選ぶというみなさんは、この販売とマーケティングの違いを正しく理解して、希望に合った選択をしてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス