マーケティング職への転職に有利な職歴とポイント

2016年11月29日マーケティング

マーケティング職への転職に有利な職歴は経済や流通関係

Entrepreneur 593358 1280

マーケティング職へ転職する際は、有利な職歴がいくつかあります。マーケティング職以外だと、経済や流通などに関係する方は転職がしやすいでしょう。こういった方はマーケット調査の出来る人材と言えるので、有利な職例があると言えます。したがって、経済や流通関係の方はマーケティング職への転職に有利な職歴があるので、ぜひ挑戦してみてください。

営業や販売も転職に有利な職歴

マーケティング職は、マーケット調査の他にも、商品が売れるようにしなくてはいけない業種です。そのため商品を売る事を仕事にしている営業は、マーケティング職へ転職するのに有利な職歴と言えるでしょう。そして販売は、商品をどのようにすれば売れるのか考えなくてはいけないので、販売もマーケティング職へ転職するのに有利な職歴と言われているのです。

有利な職歴がなくても調査や分析のできる人材は転職しやすい

マーケティング職は、どのような商品が売れるのか予想したり、商品が売れるキャッチフレーズなどを考えたりする仕事です。そのようなマーケティング職に転職する際に有利な職歴とは、必ずしもマーケティング職の経験者ばかりではありません。仮に未経験者であったとしてもマーケットの調査や商品を売るためのキャッチフレーズを考えられる人材であれば、有利な職歴ではなくても、採用されると言えるでしょう。

平均年収は高いが想像するほど華やかな仕事ではない

マーケティング職以外で働いていた方達は、マーケティング職は華やかで年収が高いと思われています。確かに華やかで、平均年収が508万円にもなるので、年収が高いのは間違いありません。しかし、マーケティング職は、地味に見えるマーケット調査などをしなくてはいけないのです。そのためマーケティング職を華やかで高収入のイメージしかない転職者は、採用された後に想像していた世界と違うと感じて悩むことになるでしょう。まずはマーケティング職の仕事や特徴を知って、転職を決意する必要があります。

有利な職歴ではなく熱意のある人も転職しやすい

マーケティング職へ転職するには、経験者や営業・販売ではないと転職できないかと言うと、そうでもありません。マーケティング職の面接官は、確かに即戦力となる人材を必要としていますが、即戦力にならなくても、マーケティグ職で働きたいと考えている熱意のある人材を、募集している企業も少なくありません。そのためマーケティング職に有利な職歴がなくても、ひるまずに転職活動しても無駄にはならないでしょう。

転職後どんな仕事をしたいのか明確に伝える

マーケティング職に有利な職歴でない場合は、面接官にマーケティング職で働きたいという熱意を見せるために、面接では今後行いたい仕事を明確に話すことが重要です。これによってマーケティングの仕事をどうとらえているのかわかるので、ミスマッチも減らせるでしょう。マーケティング職をしたいという熱意がある人材であれば、有利な職歴ではなくても採用される可能性はあります。

マーケティング職への転職に有利な職歴は流通・営業だが熱意のある人にもチャンスはある

マーケティング職へ転職する際は、流通、経済、営業、販売といった有利な職歴があります。しかし、有利な職歴だけで転職が決まるわけではありません。転職には、熱意や適性も重視されます。有利な職歴がなくても、自分がどんなことをしたいのか明確に伝えられたら転職できるチャンスは十分あるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK