転職でも落ちる?強気で挑む最終面接の対策【質問例あり】

質問, 逆質問

最終面接まで来れば落ちることはない?

Ball 605592 1280

転職の最終面接は入社の意思確認なので、ここまでくれば落ちることは無い良く聞きますが、それはウソです。 最終面接にもポイントがあり、対策と準備をしておかなければ当然落ちることになります。

たしかに、最終面接という言葉を、入社の意思確認の場を設けた際に使う企業もありますが、それはまれなケースです。

最終面接は他の面接とは特性が違い落ちるケースはよくある

転職でそれまでの面接を順風満帆にこなしながら、最終面接で落ちるケースはよくあります。なぜならば、最終面接の持つ意味が、それまでの一次、二次面接などとは異なっているからです。では最終面接は、どんなところが他の面接と違うのでしょうか?その点をきちんと理解することで万全に準備をし、対策を講じ、最終面接に挑みましょう。

最終面接の目的は、「価値観」のすり合わせ

Akan

転職先の企業にとって、あなたの就職を決めることはいえば大きな買い物をするのと同じです。最終面接では、その企業の価値観や方針を体現している役員や社長が、あなたが「我が社の価値観」に合わせて長く働ける人物であるかどうかを見定めに来ます。

そこを納得してもらえるように、しっかり対策を練って準備しておく事は欠かせません。この対策をしっかりと立てておかないと面接に落ちる可能性も高くなります。

転職の最終面接では会社との相性が最も重視される!

対策として、企業ホームページやパンフレットなどに書いてある「企業理念」や「社長メッセージ」は最低限読み込んで準備しておくと安心です。

それからとても参考になるのが、現在活躍する先輩のメッセージ。転職して働く自分をイメージしやすく、質問に答える助けとなります。

特に壁にぶつかった時、どうやって乗り越えたのか、前例がない時どう行動したのか、やりがいは?そのあたりが最終面接へ挑む前のヒントになるので対策としてしっかり確認しておきましょう。

最終面接では「会話のキャッチボールをする」ことを特に意識

転職の最終面接では、人物面を最終確認、会社や業務への熱意、一緒に同じ方向を向いて苦楽を共にしてもらえそうか、といった内容を確かめようとしてきます。

気をつけて欲しいのは、最終面接では常に「会話のキャッチボールをする」を意識するということ。最後の一押しとばかりに自分をアピールしたい気持ちはわかりますが、自分だけがペラペラと喋ったり、最終面接官の話を「はい、はい」と神妙な面持ちで聞くだけでは落ちる可能性が上がるだけ。

最終面接の話題がどんな内容になっても、その企業の「働く価値観」を問いかけられてるものと想定し、それに共感し、しっかり働けると伝えられるように準備と対策をしておきましょう。

転職の最終面接を前に”絶対に”準備すべき事は?

転職活動中、最終面接なんてそうそう経験するものではありません。

そのため勝手がわからない…という方は意外と多いはず。最終面接は他の面接などとは勝手が違うため、面接慣れしている方も準備を怠らないようにしてください。しっかりとポイントを押さえた対策と準備をして最後の面接に臨みましょう。

Partnership 526413 640

自分はその会社をどのくらい好きかをまとめておく

転職の最終面接で必要な準備として、自分はその会社をどのくらい好きかをしっかり伝える準備をしておく事があげられます。企業のトップは、やっぱり自分の会社のことを愛してほしい、自分の会社が一番と思ってほしいしいとまではいかないまでも、嫌いよりは好きでいてくれた方がいいと思っています。

ですので、どれぐらい愛されているのか、どれぐらい一番だと思ってくれているのか、どれぐらい本気の心を持ってくれているのかを見ていると思って、自分が持っている会社愛をまとめておき、それが伝わりやすいものにしておきましょう。しっかりと伝えられれば、最終面接で落ちる可能性も低くなるといえます。

最後の逆質問を無駄にしないように準備と対策をする

転職の最終面接では、その会社のトップである、社長にしか答えることができないような質問をしましょう。社長は個性が強いので、社長にしか答えられないような質問をすると好印象になりやすいようですので対策を立てましょう。

・社長が会社経営で一番大切にしていることは何ですか?

・社長の夢は何ですか?

・主力のビジネスモデルを始めようと考えたきっかけは何ですか?

・会社がここまで成長した一番の理由は何ですか?

上記のような質問などが良い質問の例になりますので、参考にしながら逆質問も無駄のないようにしていきましょう。この逆質問ですが、絶対に「特にありません」とはしないようにしてください。特にないは一番NGですので、そこについても覚えておきましょう。

最低限準備と対策をしておくべき転職の最終面接での質問例

Ma

最終面接前に必ず答える内容をチェックすべき質問例についてまとめてみました。受かりたいからと大きな嘘をつく必要はありません。転職活動の初心に戻り、転職を決意した経緯や、今までの経験や何ができるのか、なぜその企業へ入社したいのか、そんな内容を中心に準備しておけば大丈夫です。最終面接まで進んだ自分を信じましょう。

転職の最終面接で準備と対策が必須の質問

■当社に採用となった場合、いつから働けるか

■当社について、知っていることを何でも構わないので話してください

■あなたは運が良い方ですか?それとも悪い方ですか?

■これまでの仕事のなかでも一番大きな困難と、それをどう解決したか

■会社に入社が決まったら何をどうしていきたいか

■尊敬する人物は誰か?そしてなぜ尊敬しているのか?

転職活動の最終面接前に準備・対策はできるかぎり実行しないと落ちる

転職の最終面接前に準備・対策すべき事について紹介していきましたが参考になりましたでしょうか?今は苦しいこともある転職活動。しかし、最後の最終面接さえ準備と対策をして成功させれば、自分にも、そして新しい会社にも素晴らしい事が起きる、そんなビジョンをしっかり持って、強い気分で本番を迎えるようにしましょう。

転職の最終面接は今までの面接とは違うのでしっかり対策と準備をして臨んでくださいね。最終面接前に準備・対策はできるかぎり実行しないと落ちる可能性もありますから慎重に。転職活動の成功を祈っております!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職