電話面接を上手く乗り切る3つのコツと質問例【転職・就活】

質問

電話面接の前に必要な準備とは?

Cild moshimoshi

就活や転職活動を行っている中で、一次面接は面談形式ではなく電話で行われるときがあります。そうなると、電話面接のための準備が必要になるでしょう。

就活や転職活動においての電話面接は、おおよそ1時間くらいかかるといわれています。果たして、就活や転職活動中における電話面接の前に準備するものはなんでしょうか?

電波状況の良い場所を確保

電話面接は、直接会う面談と違い、電話による会話ですよね。まず携帯電話による電話面接を望む場合は、電波状況がいい場所を確保しましょう。電波が悪いと会話が聞き取りづらく、不利になる場合があります。就活・転職活動でよくある話ですが、電話面接の途中で会話が途切れてしまう状況だけは避けましょう。

うるさくなくて会話ができる静かな場所を確保

面談は直接相手の会社で行いますが、電話面接は場所を選びません。電波状況のほかに、質問が聞き取れて会話できる場所の確保も必要です。

例えば小さな子供がいたりすると、万全の態勢で面接に臨めないでしょう。就活や転職活動で電話面接を行う場合は、会話と電波の面が安心できる場所を確保するようにしてください。

電話面接をうまく乗り切るコツとは?

Michelangelo 71282 640

就活・転職活動中で、電話面接を行う際に、しっかりと電話面接に臨む準備が出来たら、あとは本番です。

それでは就活や転職活動中で電話面接をうまく乗り切るコツをご紹介しますので、参考にしてください。対面式の面接とは一味違うコツや対策があるようです。

電話面接を乗り切るコツ①:素早く答える

電話面接では相手からこちらの状況は見えません。見えないからと言って、質問に困ったらPCで調べればいいと甘い考えをしていると後悔するでしょう。電話は少しの沈黙がすごく長く感じます。質問の後に調べながらだと、あまりにも時間がかかりすぎてしまい、不自然に思われてしまいます。

そのため、電話面接を乗り切るための1つ目の事は、素早く答える事だと言えるでしょう。対策としては、あらかじめ質問に対する回答を用意しておくと良いですよ。

電話面接を乗り切るコツ②:「え~」や「まぁ~」などを使わない

始めに「え~」や「まぁ~」などが口癖なら、電話面接が始まる前にきちんと直しましょう。直接会う面談は、もしかしたら気にならないかもしれません。

しかし、電話面接だとその言葉が目立ち、その口癖は、あまりいい印象を与えないでしょう。対策としては録音して自分の声を聴いて口癖を自覚して、意識して話すのがコツです。

電話面接を乗り切るコツ③:語尾までハッキリ話す

就職活動や転職活動での、電話面接を乗り切るコツは最後までハッキリ話す事です。「○○だと思い●●●」など、ハッキリわかるように、語尾を意識して喋りましょう。

表情が伝わらない電話面接は質問内容に対して、きちんとした言葉で話さないと伝わりません。質問と答えが一致すれば電話面接は突破できます。そのため対策としては、日頃から意識して語尾までしっかり話すようにしましょう。

転職エージェントからアドバイスをもらう

転職エージェントは履歴書作成や面接対策など、あなたの転職活動をトータルでサポートしてくれます。もちろん、電話面接が行われるのであれば、的確なアドバイスをもらうことができます。

業界実績の高さに定評がある「リクルートエージェント」が特にオススメです!利用は無料ですので、ぜひ頼ってみてください。

電話面接の質問例とは

Tirintirin

ここまで就活や転職活動中に行うときがある、電話面接の準備と乗り切るコツや対策を見てきました。最後は質問例です。

電話面接は、面談と同じような質問ばかりです。何か特殊な質問があるというわけではありません。では、質問例を見ていきましょう。

質問は面談形式の面接と大差はない

電話面接の質問は、通常の面談形式の面接と変わりません。以下に、実際に電話面接で聞かれた質問の例を紹介させて頂きますので、ぜひ参考にしてください。

●「自己紹介して下さい」

●「どうやって、この募集を知りましたか?」

●「現在のお給料はいくらですか?給与・報酬に関する希望はありますか?」

●「なぜ転職を希望されているのですか?」

●「現在の職を辞める理由はなんですか?」

●「あなたの長所と短所を教えてください。」

●「最後に質問はありますか?」

電話面接を転職・就職活動で行うときは3つのコツと質問例を参考にしよう!

電話面接を上手く乗り切る3つのコツと質問例をご紹介しました。就活や転職活動では、電話面接が行われることがあります。そんな電話面接を乗り切るためには、会話ができる静かな場所で面接官の質問に対して語尾までハッキリとしゃべる!これに限ります。

面接官からの質問は、通常の面談形式の面接と変わりありません。また電話面接に限りませんが、うまく乗り切る対策は「慣れ」がコツです。対策を怠らず、電話面接に挑みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職