契約社員の面接でよくある質問とその対策

契約社員, 質問

契約社員であっても面接官が見ているポイントは正社員と同じ

Tie 690084 640

面接では、契約社員などの雇用形態にかかわらず「一緒に働きたいか」「仕事をしっかりやってくれる人か」を見ています。その判断のために様々な質問が面接に来た応募者に向けられるのです。判断をするための質問は志望動機に始まり、今までの経験や趣味、考え方や友人や仕事関係者とのコミュニケーションの取り方など角度を変えて、面接官も面接に来た応募者を理解しようと努めます。

契約社員の面接でもビジネスマナーは大切

多くの質問をする一方で面接官は面接に来た応募者のビジネスマナーや身だしなみ、立ち振る舞いもチェックしています。面接で完璧な受け答えをしていても、だらしない格好や清潔感のないメイクなどは面接官にいい印象を与えません。また、挨拶や椅子への座り方なども見られていますので、しっかりとマナー研究はしていきましょう。

採用面接でよくされる質問は「契約社員で働く理由」

契約社員の面接でよくある質問が「契約社員で働く理由は?」といった質問です。こういった根本的な質問にも回答は用意しておくべきものです。また、期間が限られているものであれば、期限が終了した後、どうするつもりか質問される場合がありますので、回答を用意しておくほうがいいでしょう。

「楽そう」「すぐ辞められる」といった理由は避けよう

契約社員で働く理由が、正社員より楽そうとか、辞めやすいとかであれば、面接でいい印象を持たれないので回答に注意が必要です。会社にもよりますが、仕事は正社員とほぼ変わらないことが多いですし、企業に雇用されるなら、辞めやすいことはないでしょう。契約社員で働く理由は人それぞれあると思いますが、仕事内容をよく確認して、雇用形態よりも仕事内容で魅力的な点を優先していることを伝えられるのが、質問への理想的な回答です。。

契約社員の面接で最も伝えるべきは「仕事への意欲」

前述したとおり、正社員とほぼ違いはないと思って構いません。ですので、企業側からの質問は慎重になります。差があるとすれば、正社員に登用する可能性がある人材かどうかを見極めてくる可能性があるということ。それには、定型の質問があるわけではなく、候補者の経験からの学びや考え方からポテンシャルを見て判断していることが多いです。そして、本人の希望如何にかかわらず、ポテンシャルのある人材を雇用したいと考える企業は多くあります。候補者が伝えるべきことは、成長する意欲、働く意欲が高いということです。

具体的なエピソードを通じてやる気をアピールして対策しよう

働く意欲は「やる気があります」「がんばります」だけだと残念ながら伝わりにくいものです。上手く伝えるためには、面接官が話を聞きながらイメージできるエピソードを話すと効果的です。端的にまとめて伝えられると「話を伝える力」も評価してもらえるでしょう。もし、少し話が長くなるのであれば、「少し長くなりますがよろしいでしょうか」と確認して話し始めれば印象は悪くありません。

契約社員の面接でよくされる質問は「契約社員で働く理由」なので意欲をアピールできる回答を用意しておこう

契約社員の面接でよくある質問とその対策を紹介してきました。契約社員の面接と言われて、その難易度がわからず、もやもやした経験がある方もいると思います。企業によって、その責任の度合いや仕事内容、面接の対応がまちまちな契約社員ですから、混乱は当然と言えるのかもしれません。ですが、正社員の一歩手前的な位置づけをしている企業も多いので、面接は正社員と変わらない準備で向かうのが秘訣と言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職