40代での契約社員と正社員の違いと待遇

40代, 契約社員, 正社員

40代でも契約社員なら就職しやすい

Business card 427511 640

40代で正社員転職をしようと思っても、年齢的に求人が中々みつからないのが現状です。たまに正社員で年齢不問の求人があっても応募が殺到します。採用する側としても大勢応募者がいる以上、同じレベルならば若い人の方を選ぶのが当然です。40代では正社員の求人は少ないのですが、雇用形態を契約社員まで広げると意外と求人が見つかります。

管理職を契約社員として採用する企業もある

40代で契約社員を募集している企業の中には、高い賃金が必要な管理職を正社員ではなく契約社員として採用するところも増えています。正社員と違って企業の業績が悪化すれば契約を延長しなくて良い分、正社員を抱え込むリスクがないからです。部署の立て直しをする為に選ばれて入社した、となると契約社員でもステイタスになるものです。

40代で契約社員になるメリットは仕事を極めることができる

40代で契約社員になるメリットとは、自分の能力に合った仕事が見つかればその仕事を極めることができることです。契約社員は比較的狭い範囲の職務を期待されていて、責任も自分が行っている職務の範囲内に限られていることが多くなります。

昇給のチャンスで社員により近くなる様な給与を希望することも可能

契約社員は会社と直接雇用契約をして、一年ごとに更新していくのが一般的です。能力さえあれば更新の際に給与アップの希望があれば相談のチャンスもあります。40代で契約社員の場合、一年間確実に実績を積むことで一般的な正社員に近くなる様な給与を希望することも可能なのです。契約社員の給与は正社員よりも低いと言われていますが、40代で独身ならば充分生活できるだけの収入を得ることも可能なのです。

40代で契約社員になるデメリットは業績次第で契約を切られる可能性がある

40代で契約社員になるデメリットは、正社員と違って会社の業績次第で契約を切られてしまう可能性もあるということです。どんなに優秀な人材であっても会社にとっては正社員の雇用の保証が優先となります。大手企業で新しくできた部門で契約社員を募集している場合、その部門が上手くいかなければ一年で契約終了となることもあるのです。

40代で契約社員から正社員に転職は難しい

40代で契約社員になると職務範囲が狭くなりますので、今までに身に付いた能力やスキルの貯金を切り崩して働くことになります。30代に比べて40代では新しい職務に対する吸収力が落ちてきます。その為に一度契約社員として働いた後に正社員に転職したいと思っても、面接の際に不利となります。中には「正社員登用のチャンス有り」という求人もありますが、企業が正社員に登用するのはほぼ30代までの若い世代と思って良いでしょう。

40代で契約社員は正社員への転職が難しく契約を打ち切られる可能性がある

正社員として働くと、40代になると管理職になることから昇給率が急にアップします。その世代を契約社員として過ごす訳ですから、自分を安売りしないことが大切です。スキルや能力に自信が無いという人は、40代からは契約社員よりも正社員を選んだ方が良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職