派遣社員が賃貸契約をする時に記入する勤務先

契約社員, 賃貸契約

派遣社員は賃貸契約が可能なのか

Hand 101003 640

そもそも派遣社員の場合には、きちんと賃貸契約を結ぶ事ができるのか、というところから不安に思っている方は多いかもしれません。今はまだ派遣社員の待遇というのはあまり良くなく、フリーターと同じ扱いを受けるという事も少なくないのが現状です。

派遣社員でも賃貸契約をすることが可能

確かに派遣社員は時としてフリーターのような扱いを受ける事もあるのですが、賃貸契約ができないという事はありません。中には正社員よりも収入のある派遣社員の方がいたりもしますし、派遣社員だからといって部屋が借りられない事はありません。ただし、中には審査に落ちてしまう派遣社員の人もいるという事は覚えておきましょう。

賃貸契約のとき勤務先はどこを記入するのか

賃貸契約の際には、勤務先を伝える必要があります。しかし、その時には派遣会社の方を勤務先として申告すべきか、それとも派遣されて働いている企業を勤務先として申告すべきかで、悩まれる方は少なくない事でしょう。このような場合はどちらを記入すれば良いのでしょうか?

基本的には勤務先は派遣会社の方を記入する

基本的には派遣社員の方が賃貸契約をするという時には、勤務先としては派遣会社の方を書いておきましょう。ただ不動産屋などの中には、派遣元ではなく派遣先でもいいというところもありますから、勤務先を記入するときには実際に相談をしてみるという事をおすすめします。そうすれば間違うことなく記入できるでしょう。

勤務先未定か期間が短い人は賃貸契約できない場合も

前述のように、とりあえずは派遣先を勤務先として、賃貸契約はする事ができます。しかし、問題なのはまだ派遣会社に登録をしたばかりで勤務先が決まっていないという方や、勤務期間がまだ2~3ヶ月という人です。そういった方の場合には、時として賃貸契約ができない場合があります。

賃貸契約の際に保証人か仲介会社を利用すべき

部屋を借りるためには、家賃を払えるという事が保証されている必要があります。ですので、安定して収入があるのかという事が大切になってくるのですが、保証人がしっかりと働いているという事であれば、こういった場合でも審査に落ちない可能性が高くなります。また、信頼できる腕のある仲介会社などを利用して、しっかりとサポートしてもらいましょう。管理者を説得し、信頼してもらう事ができれば、派遣社員で且つまだ働き始めていないという方でも、賃貸契約は可能となります。

契約社員ならではのお金がかかることもある

ただし必ずしも契約できるとは限らず、入居に至らないこともあります。また入居は可能だとしても保証会社に加入することが義務付けられ、余計な出費が必要になるケースも。やはり派遣社員ならではの苦労がついて回る可能性は残ってしまうのです。「就職Shop」では多くの派遣社員や契約社員を正社員へと転職させた実績があります。仕事に直接不満が無くても、賃貸物件への入居などをきっかけに正社員への転職を考えた人もいますので、まずは一度相談してみてはいかがでしょう。

派遣社員の賃貸契約時の勤務先は派遣元を記入すべき

派遣社員の方が賃貸契約をするという時には、勤務先は基本的に派遣元としましょう。ただし不動産屋などによっては、派遣先を勤務先としてもいいというところがあります。やはり派遣会社よりも企業の方が心象は良くなりますから、審査に有利に働く可能性は高いでしょう。また、まだ働き始めていないという方は、しっかりとして保証人の準備、また信頼できる腕のある仲介会社を選ぶという事を心がけましょう。そうすることで、スムーズな賃貸契約が可能になります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日ビジネス