会議での発言が苦手な人は知るべき!目から鱗の3つのコツ

会議

苦手な会議で発言するコツ①:苦手意識を減らす

Studying 951818 960 720

会議での発言するのが苦手だと思うのは、その会議について深く理解していないからとも考えられます。不明瞭な点がある会議は苦手だと感じやすいもの。それでは発言もしにくくなりますよね。まずは会議への苦手意識を払拭することが重要です。

知識があれば発言しやすい!会議のテーマを事前に勉強しよう

会議での発言に苦手意識があるなら、まずはその会議のテーマについて勉強しましょう。どんな主旨で何のためにその会議が行われるのか、深く理解しておくと、会議への苦手意識は薄らぎます。

例えば、会議の中である業界の動向が重要な場合は、その業界について事前に勉強しておくなど、知識を深めておいて下さい。知識があれば、会議でも発言しやすくなります一度でも的を得た発言ができれば、十分に存在意義があると思ってもらえるでしょう。

苦手な会議で発言するコツ②:上手い立ち回り方を覚える

Colleagues 437023 960 720

会議での発言が苦手なのであれば、自分から会議での発言をしないで、誰かの発言に乗っかってしまうのも1つの方法です。ただ、勿論「私も同意見です」と言うだけでは会議で発言したとは思われません。会議での上手い立ち回り方を覚えましょう。

誰かの意見にプラスアルファの情報をつけ加えよう

会議での発言が苦手な人に、ぜひ知っておいてほしいコツを紹介します。それは、会議で誰かが発言したときに、「確かにそうすれば〇〇という面でもメリットがありますね」と言ったようにプラスアルファで別の情報を付け加えたり、アイデアを付け加えたりすることです。

そうすれば、十分個人の発言ととってもらえます。会議のテーマについての知識がある程度あるのであって、発言するのが苦手なのであれば、付け加える形での発言をしてみてはいかがでしょうか。

苦手な会議で発言するコツ③:話し過ぎない

会議での発言をするのが苦手だと自覚があると、ついつい気負ってしまい、話し過ぎてしまうなどの失敗をしてしまいがちです。会議での発言が苦手なのに、自分から発言をしなくてはいけない場合は、多くを話し過ぎないように注意するのがコツです。

要点は3つ以内に絞ろう!事前の根回しも重要

Kermit 211105 640

そこで使えるのが、話す要点を3つ以内に絞るという方法です。情報量が多すぎると逆に相手に伝わりません。根拠と理由を付け加えて必要な情報だけを伝えましょう。これを意識すれば会議での発言が苦手でも、だいぶ場が楽になるはずです。

また、会議のキーマンとなる人物には事前にアドバイスを貰うなど、きちんと根回しもしておきましょう。 これもビジネスにおいては大切なコツと言えます。特に会議での発言が苦手な人はこうした水面下での動きが大切になってきます。覚えておきましょう。

苦手な会議での発言するコツは①事前勉強②+αの意見を加える③要点を絞る

会議での発言が苦手な場合に役立つコツや、方法を見てきましたが、いかがでしたか。会議での発言が苦手だと思うと、余計に発言しにくくなってしまいます。そう思わないためにはその会議についてしっかり勉強して知識をつけておくのがコツです。

また、発言するのが苦手なのであれば、誰かの意見に追従しつつプラスアルファの情報を伝えるような形をとるのもおすすめです。それでも、どうしても会議で発言しなくていけないという場合は、要点を3つ以内に絞って重要な点だけを伝えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス