フリーランスの営業マンに多い仕事内容とは?

2019年8月6日フリーランス, 営業マン

フリーランスの新規開拓は何が難しいか

クライアントの立場に立って考えてみてください。新しい外注先(フリーランス)に対して、「改めて信頼関係を構築するのであれば、より安心で手間のかからない方向を選択したい」と思うのは、とても自然なことです。

営業代行・事務手続代行・親身なサポート

IT自営業者(個人事業主)ならば誰もが「仕事のない期間」は避けたいもの。しかし、ひとつの案件に取り組んでいる間、営業活動に時間を割くのは至難の技です。そこで首都圏コンピュータ技術者株式会社では、ひとつの案件が終了する約1か月前から次の仕事をご紹介するシステムを採用。仕事から仕事へのスムーズな移行を可能にしています。

フリーランス営業マンの仕事内容

全国に数十社ある販売パートナーから寄せられる新規案件に関する打ち合わせおよび提案営業を行う既存顧客に対する「ルート営業」、および現在ECサイト構築をお考えのお客様へのサービスのご説明、提案営業を行う「新規営業」など。

まとめ

フリーランスの営業マンに多い仕事は、コンサルティング営業(法人向け)や技術営業、システム営業など。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK