営業マンの髪色が茶髪であることのリスクと評価

営業マン, 身だしなみ

まずは営業マンの基本の身だしなみをおさえておこう

Fair 318121 640

まずは、営業マンの基本的な身だしなみを見ていきます。第一印象が大切な仕事なので、身だしなみには絶対気を抜いてはいけません。

どういった身だしなみをすれば、完ぺきな営業マンにになれるのでしょうか。

おさえておきたい!営業マンの身だしなみ

■シワのないスーツ・ワイシャツ

■派手すぎないネクタイ

■ボタンをしっかりと留める

■時計を必ずする

■高級感のあるボールペン

■ズボンは折り目がしっかりついているもの

■靴はピカピカに磨く

営業マンの髪色が茶髪だった場合の評価

髪色を茶髪にしている本人は気にしないかもしれませんが、お客様からすると、不愉快に思う場合がほとんどです。

はたして、茶髪の営業マンはどんな評価を受けるのか、見ていきましょう。

チャラい・だらしない印象を与える

「茶髪の営業マン」と聞くだけで、抵抗がありますよね。髪色が茶髪の営業マンは、中身がどんなにいい人でも、仕事ができる人でもチャラく見えてしまいます。また、茶髪が伸びて根本だけ黒髪になっていると、だらしない印象を受けます。

一昔前の不良に見られる

このイメージが未だにぬけきってない方が多いと思います。茶髪にすることで、社会において「不良」のレッテルを貼られてしまうことも…。

学生とは違って、自分の行動ひとつで業務や周りに影響するという意識を持ちましょう。

営業マンが髪色を茶髪にした時のリスク

Despair 513529 640

次に、営業マンが髪色を茶髪にしたとき、どんなリスクがうまれるのかを見ていきましょう。

実は髪色を茶髪にしたいと思っている営業マンの方・営業職に就きたい就活生は必見です。

仕事・信用をなくす可能性がある

営業マンは第一印象が非常に大切ですよね。

たとえば、すごく電話対応の良い営業マンが訪問に来たとします。そして初めて顔合わせをしたとき、電話では感じの良いイメージだった営業マンの髪色が、「茶髪」というだけで最悪な第一印象になるのです。

どんなに仕事ができる営業マンでも、背負っている会社のイメージを自ら下げ、今までの取引先との信用もなくなり、仕事をなくす可能性もあります。

常識のない人間だと思われる

一般的に、営業マンは黒髪が常識です。

お客様と接する営業マンにとって、身だしなみは仕事を取れるか取れないかにも関係してきます。茶髪で訪問をすれば、「常識のないやつだな」と思われるに違いありません。

営業マンが髪色を茶髪にすると仕事・信用をなくす可能性がある

営業マンが髪色を茶髪にすることで、様々なリスクを背負い、会社や取引先の評価が下がるということは、おわかりいただけましたでしょうか?

近年、茶髪が許される会社が増加してきました。ビジネスマナーの範囲が広くなることは嬉しいですが、営業マンの茶髪は控えましょう。年配の方や、取引先の方にはなかなか評価されません。仕事をなくすリスクがあることを忘れないでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス